「サビ猫」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「サビ猫」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

まだら模様のサビ猫を見ると、思わず抱きしめたくなります。

スピリチュアルな意味について、見ていきましょう。

「サビ猫」のスピリチュアルでの象徴や意味

三毛猫のグループにはいるサビ猫。

黒と茶色がまだらに入っていて、愛くるしい表情をしています。

特徴的な毛並みには「魔除け」の意味があります。

そのためヨーロッパの地方では、悪霊を追い払ってくれる役目があるといわれています。

一緒にいることで、災いを遠ざけてくれます。

「サビ猫」のスピリチュアルメッセージ

サビ猫の毛並みには、悪霊退散のメッセージがあります。

そのためペットとして飼っていると、守り神としてあなたを助けてくれます。

悪い気を外に追い出してくれるので、家中が幸せな気で満たされていきます。

家族みんなの顔がピンク色に染まって、気持ちも弾むようになります。

総合的な運気を上げてくれるので、飼い主さんや家族を幸せにしてくれます。

「サビ猫」のスピリチュアル的な解釈

「サビ猫」のスピリチュアルな意味を見ていきましょう。

「サビ猫」いい意味での解釈

アンティークな風合いのサビ猫。

派手すぎず地味すぎず、存在感のある猫ちゃんです。

守り神としての役割が強いので、近くにいる人を温かく見守ってくれます。

また「幸運のシンボル」とも呼ばれているので、ご近所で見かける回数が増えてきたら、あなたの運気も加速しているサインになります。

またサビ猫がパワーストーンの「べっ甲の色」をしていることから、地域によってはサビ猫をべっ甲猫と呼ぶケースもあります。

べっ甲は富と幸せのシンボルです。

お金と幸せを引き寄せてくれるので、身近な人の金運と愛情運を引き上げてくれます。

癒しの働きもあるため、見ているだけでヒーリング効果も期待できます。

メリットが多いのがサビ猫です。

「サビ猫」悪い意味での解釈

サビ猫は「錆び猫」とあらわします。

「錆び」とは、朽ち果てた古さをしめしています。

加齢や老化をイメージさせるので、自宅に迎え入れていいのか、心配される方もいるようです。

けれどもこれはあくまで、当て字の話。

実際にはサビ猫を飼って幸せになった、お金持ちになった話も多く聞きます。

不吉な話は昔の言い伝えとして、軽く受け流しておくと良さそうです。

まとめ

サビ猫のスピリチュアルな意味をお伝えしました。

サビ猫のまだら模様には、悪霊退散の訳があります。

とても愛嬌のある猫ちゃんなので、可愛がってあげてください。

守り神として大活躍してくれます。

タイトルとURLをコピーしました