「サボテン」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「サボテン」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

独特の存在感と生命力を感じさせてくれるサボテンは、観葉植物としても人気があります。

そして、実はスピリチュアル的な世界とも関係があります。

では、サボテンにはどんなスピリチュアル的な意味があるのでしょうか。

ここでは、スピリチュアル的な意味や解釈について詳しく解説していきます。

「サボテン」のスピリチュアルでの象徴や意味

サボテンといえばたくさんの棘が印象的です。

そして、その棘は敵から身を守るために生えていることからサボテンは自分の身を守る力がとても強い植物といえます。

スピリチュアル的な観点から見ても、サボテンには「邪気払い」という意味があります。

また「好転反応」という意味も持つので縁起の良い植物といえるでしょう。

「サボテン」のスピリチュアルメッセージ

サボテンが持つ主なスピリチュアルメッセージは「悪い運気を断ち切って運気の流れを良くする」というものです。

邪気を払い、サボテンがある空間全体をクリアにしてくれるので、自分の家など身近な場所に置くことで運気が上昇していく可能性があります。

「サボテン」のスピリチュアル的な解釈

サボテンを身近な場所に置くことで、目に見えない邪気や悪い運気を断ち切れます。

また、悪いことが起こりにくくなるだけではなく運気の流れが良い方向へと向かう可能性も高いでしょう。

「サボテン」いい意味での解釈

もし、あなたが最近ついていないと感じている場合には、サボテンを身近な場所に置くことでそれまでの悪い運気を断ち切れる可能性があります。

悪い運気を断ち切れれば、あなたを取り巻いていた運気の流れが変わり次第に運気が上昇していくことも期待できます。

身近に本物のサボテンを置くのが難しい場合はサボテンをモチーフにした小物を持つのもおすすめです。

良い効果が現れた時には、サボテンに感謝してその幸運を受け取ってください。

「サボテン」悪い意味での解釈

基本的にはいい意味を持ちますが、サボテンが枯れてしまった場合には少し注意が必要です。

枯れたサボテンを長期間にわたって放置してしまうと、これまで断ち切ってくれていた悪い運気が再び入ってきてしまう可能性があるからです。

大切にしていた植物を手放すのは心苦しいかもしれませんが、しっかりと感謝の気持ちをこめて処分すれば大丈夫です。

まとめ

スピリチュアル的な観点から見ると、サボテンには「悪い運気を断ち切って運気の流れを良くする」という意味があります。

そばに置くことでその空間の邪気が払われ運気が良くなっていく可能性が高いので、気になる人は購入してみるのもいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました