PR

「サムハラ神社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「サムハラ神社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

怖いほどご利益があると言われるサムハラ神社は、関西の隠れた人気パワースポットです。

1935年に岡山の田中富三郎が創建し、現在は大阪市内のミナミに近い立売堀(いたちぼり)にあります。

今回は不思議な護符で知られるサムハラ神社の、スピリチュアルな威力をご紹介です。

「サムハラ神社」のスピリチュアルでの象徴や意味

市街地の小じんまりとした社殿の祭神は、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高皇産霊神(たかみむすびのかみ)、神皇産霊神(かみむすびのかみ)という原初の神さまです。

三柱の総称がサムハラ大神と呼ばれています。

サムハラとはサンスクリット語の三跋羅(さんばら)で、「仏の定めた戒律」などの意味があり、祈ることで難を逃れ休止に一生を得るとのこと。

そのため御利益は多大で、無傷無病、延命長寿、厄除け、災難除けなどのほか、「むすび」の神なので縁結びのご利益も強いところです。

サムハラは存在しない不思議の4文字で知られています。

これを身につける風習は江戸時代以前からあり、加藤清正もその信奉者で、日清日露戦争でもサムハラは広く兵士の間で信仰されていました。

「サムハラ神社」のスピリチュアルメッセージ

もしサムハラの神に参拝したいと思ったら、「あらゆる苦難を取り除いて幸福をもたらすよ」とか「縁結びを実現するよ」などのメッセージです。

これを機会に人生を好転させてみてください。

「サムハラ神社」のスピリチュアル的な解釈

実際に参拝することで、サムハラの神のご利益を受けることができます。

境内は拝むだけでなく、祈祷や護符のご利益もあります。

また岡山の奥の院はとてもパワーがあるというので無視できないところです。

「サムハラ神社」いい意味での解釈

社殿ではご祈祷を受けることができ、あらゆる種類のサムハラのご神徳を得られるとのことです。

厄を払い福を得る近道となります。

そして神社では色んな種類のお守りがあるので、自分にぴったりのものを選ぶのがよいです。

人気なのは厄除け災難避けの「御神環」と呼ばれる指輪。

これは幻の指輪と呼ばれ、問い合わせても販売日が不明ですが、何故か行列ができてしまうなど入手困難となっています。

しかし銭形肌守りでも、御神環と同じサムハラの力を得られるとのことです。

そして山間部にある奥の院に参拝できれば大阪の社殿よりもさらに強いご利益が得られますが、神さまに呼ばれた人だけがたどり着けると言われています。

「サムハラ神社」悪い意味での解釈

奥の院は場所が分かりづらく、呼ばれていない場合にはたどり着けないかもしれません。

また奥の院で写真を撮ると頻繁にオーブが写ると言うように、とても神気や霊気に満ちた場所。

敏感なかたは参拝することで体調不良になるかもしれないのでご注意ください。

まとめ

不思議が多いサムハラ神社は、あらゆるご利益を得られるパワースポットでした。

人生を変えたい人にはぴったりです。

御神環は入手が困難ですが、縁があれば手にすることができるでしょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする