「シャボン玉」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「シャボン玉」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

シャボン玉 大人になってからも、シャボン玉遊びを体験してますか?

シャボン玉は石鹸水などを使って表面張力の玉体を空中に飛ばす遊びで、江戸時代からすでに人気があったそうです。

幼少の頃には誰もが経験したものですが、そんなシャボン玉にもスピリチュアルな意味がちゃんと存在しています。

「シャボン玉」のスピリチュアルでの象徴や意味

風に乗りふわふわと漂って綺麗なシャボン玉は、つくる人や見る人を楽しませるものです。

シャボン玉を見続けることで、心の平穏がもたらされ、癒やしを受け取ることができます。

シャボン玉とは幻想的で、その色や大きさや動きは人の想像と違ったものになるのが不思議です。

そんなシャボン玉が実現することは、自分の幻想や夢を具現化することの現れとなります。

長続きするシャボン玉、すぐ割れるシャボン玉が、夢の実現性を示してくれているでしょう。

またシャボン玉とは、子供の頃を思い出させるものだったり、子供心を取り戻すという意味にもなります。

「シャボン玉」のスピリチュアルメッセージ

もし何処かで綺麗なシャボン玉を見る機会があったり、作りたい思いが湧いてくるなら、「癒される時間を大切にして」というメッセージです。

そして「大人になっても遊びや夢を追い求めて」というメッセージもあります。

「シャボン玉」のスピリチュアル的な解釈

シャボン玉に接する機会があれば、そこからポジティブな未来を占うことができます。

しかしシャボン玉がネガティブな答えをもたらすこともあるので、注意深く観察してみてください。

「シャボン玉」いい意味での解釈

実際にシャボン玉遊びを実行することで、癒やしのエネルギーを呼び込んだり、夢の実現に近づくことになります。

シャボン玉がすんなりとできたなら、まっすぐに夢の実現に繋がっていことの暗示になっています。

綺麗なシャボン玉ができるほど、幸福なことが起きたり、アイデアが閃いて夢が叶うサインになっているようです。

そして何処かでシャボン玉遊びをしている子供を見かけたり、シャボン玉が自分に飛んできたなら、癒やしのサインであり、同時に夢の実現が近づいているかもしれません。

「シャボン玉」悪い意味での解釈

もしもシャボン玉で遊びたくなった気持ちをスルーしてしまうと、癒やしや夢の実現は訪れないかもしれません。

シャボン玉が上手に出来ない子供を見かけたら、良くないことが起きる前触れかもしれません。

自分自身がシャボン玉を上手に作れない場合にも、同様の意味に捉えられることです。

シャボン玉を見ても何とも思わないのは、あまりに心に余裕がなく現実に追われているサインかもしれません。

まとめ

飛んでは消えるシャボン玉とは、癒やしが必要なことや、夢を追い求めるべきというメッセージでした。

シャボン玉で遊んだのはいつのことでしたか?たまにはシャボン玉を空に飛ばしてみたら、いい結果に繋がるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました