PR

「シータ波」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「シータ波」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

瞑想などの文脈で、「シータ波」という言葉を耳にする事があります。

脳波の1つである事は何となく分かると思いますが、一体どのようなものなのでしょう。

ここでは、「シータ波」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「シータ波」のスピリチュアルでの象徴や意味

脳波には、周波数順にデルタ、シータ、アルファ、ベータと分類して名前が付けられています。

完全に切り替わるのではなく、精神状態に遭わせてそれぞれの配分が変わっていきます。

アルファ波優勢ならリラックス状態、ベータ波は通常の覚醒状態、ガンマ波は高次の精神活動、そして「シータ波」は瞑想状態の時に優性となります。

すなわち、内面に意識が向き、スピリチュアルな感性が高まった状態です。

他に、「シータ波」が海馬に伝わると、ニューロンの分化が促進される、つまり「学びが定着しやすい」状態になります。

「シータ波」のスピリチュアルメッセージ

瞑想時などに、「シータ波」をイメージ出来た時、その感情などにメッセージは顕れます。

極度の集中による学習効率の高まりとして顕れる場合もあります。

「シータ波」のスピリチュアル的な解釈

「シータ波」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「シータ波」いい意味での解釈

深く瞑想でき、心が落ち着き、自己との対話が進むような時は、良い意味です。

「シータ波」が上手くコントロール出来ており、感性が開いています。

いわゆる「勘」が鋭くなっており、物事に取り組む時、運命の流れに沿った良い判断が出来るでしょう。

また、学習の能力も高まっているため、試験勉強などがよくはかどります。

勉強前に瞑想し「シータ波」を高めるルーチンを作ると、実感を持ちながら、効果的に学べるでしょう。

この時、「何時間やったか」ではなく、「どれだけ学べたか」という視点で進捗を管理する事が重要です。

テキストとノートの2点往復で済むところに、時計が混ざれば、集中力が途切れます。

「シータ波」悪い意味での解釈

瞑想しても「シータ波」が出ているという実感が持てず、何かと気が散り、しばしば気がかりな事を考える場合は、そもそも「シータ波」が優勢にはなっていません。

瞑想は現実逃避の手段ではありません。

最優先の事があるなら、それは片付けましょう。

それが終わり、ホッとした瞬間の10秒だけ、5秒だけ、と瞑想する事で、「シータ波」を高めていけます。

その時間も持てない、人のあらゆる時間に仕事が詰まっている、というのは、経営ファンタジーに毒されています。

現実は、もっと緩く人間的です。

まとめ

「シータ波」は、瞑想時に高まる脳波で、学習効果も高めるとされます。

上手く高められれば、瞑想により感性が開き、学習もよく進みます。

集中出来ない場合は、最優先事項を片付け、ごく短時間の瞑想から始めてみると良いでしょう。

どこかしら、そのための時間はあるものです。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする