PR

「ステージが変わる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「ステージが変わる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

明るい光が見える、画期的な瞬間もあります。

ステージが変わる時のジンクスを見ていきましょう。

「ステージが変わる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

朝目覚めた時に「いつもとちがう感覚」を覚えることもあるものです。

カーテンを開けた瞬間に優しい光がこぼれてきて「いいことがありそう」と思います。

スピリチュアルの世界でステージが変わる時は「ご褒美の期間」をあらわします。

一生懸命にがんばっていれば、それだけ良い環境が与えられるもの。

がんばった分だけ、ボーナスステージに行けます。

そのため人によっては試練だと感じた後に、新しいステージが始まることも多いです。

大人として成長するための期間、ご褒美をもらえる時期が「ステージが変わる時」です。

「ステージが変わる時」のスピリチュアルメッセージ

オーラの色が美しくなって、新しい世界が始まる瞬間があります。

運気の変わり目をあらわしていて、人によって色々なサインが訪れます。

ゾロ目の車のナンバーをよく見かけるようになる、青信号が続いていく、感動するような体験が連続して起こることもあります。

また華やかな運気に入っているので、芸能人によく会う、収入が増えて暮らしが安定するなど、良いことも起きます。

過去のがんばりによって、明るい幸せが多く入ってきます。

欲張りになって、多くの幸せを受けとめていきましょう。

「ステージが変わる時」のスピリチュアル的な解釈

ステージが変化する時のいいお知らせと、注意点を見ていきましょう。

「ステージが変わる時」いい意味での解釈

ステージとは、上昇気流のこと。

その人を丸ごと持ち上げてくれる「空飛ぶじゅうたん」のような存在です。

そのため「良いことが起こりそう」と感じると、本当にその人を良い方向に送り届けてくれます。

またステージにはいくつも階層があって、飽きさせない仕組みになっています。

より上のステージに行くほど、いい恋愛やいい仕事、そしていい仲間に出会えます。

がんばった分だけ人生は応えてくれる仕組みになっているので、努力を惜しまずに励んでみてください。

「ステージが変わる時」悪い意味での解釈

ステージが変わる時に、物が壊れやすくなるというサインがあります。

とくに愛用の家電や車、家具などが壊れてしまうことも。

悪い気を同時に消し去ってくれているので「今までありがとう」と思いを伝えて、新しいものを取り入れていきましょう。

明るい兆候です。

まとめ

ステージが変わる時の、ジンクスを見てきました。

新しい世界に行くのは、ご褒美期間をあらわします。

一生懸命に生きてきたからこそ、昨日よりいい明日を作っていけます。

幸せの答えを知って、明るい日々を過ごしてください。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする