「ストーブが壊れる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「ストーブが壊れる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

大切にしていた電化製品が壊れる日もあります。

ストーブが壊れる時のジンクスを見ていきましょう。

「ストーブが壊れる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

寒い季節がやって来たのに、ストーブが寿命を迎えることもあります。

スピリチュアルの世界でストーブが壊れる時は「燃え立つような日々がもうすぐ始まる」というメッセージがあります。

平凡な日常がそろそろ終わりを迎え、刺激に満ちた日々にかわっていきます。

あなたの望むような状況が訪れて、毎日がとてもポップになるでしょう。

人付き合いに変化も生まれて、モノトーン色だった日常が赤や黄色にカラフルに塗られていきます。

移ろいゆく日々を楽しんでいきましょう。

「ストーブが壊れる時」のスピリチュアルメッセージ

ストーブが壊れてしまうのは「あなたの日常が活気づくこと」を教えてくれています。

ストーブは「炎」のエネルギーがとても強い家電です。

そのため薪に火をくべるように、日常にリズムが刻まれていきます。

無機質だった毎日が、勢いある毎日に変わっていくでしょう。

環境に変化が生まれていくので、引っ越しや転職、進学なども幸先の良いスタートを切れます。

「新しい交友関係」も作られていきそうなので、これまでのグループを抜け出して、新規のグループに積極的に入ってみてください。

人生を共にする友達や、相性のいい恋人がきっと見つかります。

「ストーブが壊れる時」のスピリチュアル的な解釈

ストーブが壊れる時のいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「ストーブが壊れる時」いい意味での解釈

ずっと愛用していたストーブが動かなくなるのは「新しいスタート」をあらわします。

エネルギーの交換がおこなわれると、その影響を受けやすい家電が真っ先に壊れることもあります。

旅立ちは勇気がいるものですが、そこを乗り越えた先に「見えてくる風景」もあります。

勇気をもって、新しい扉を開けてみてください。

「ストーブが壊れる時」悪い意味での解釈

ストーブには「癒し」としての作用も含まれています。

そのためストーブが壊れてしまうと、心の拠り所が失われ「特有の心細さ」を感じることもあります。

エネルギーが引っ張られてしまうので、早めに代替の製品を手配しておきましょう。

下がりかけた運気が、また上がっていきます。

まとめ

ストーブが壊れる時の幸せのジンクスを見てきました。

物が壊れることには、良いお知らせが含まれています。

いい学びを得て、あなたの人生を明るく照らしてください。

タイトルとURLをコピーしました