「スマホの写真に緑の光が入る場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「スマホの写真に緑の光が入る場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

頻繁にスマホで写真を撮って、SNSに公開するのを楽しむ人は多いです。

しかしスマホ撮影すると写真に光が入ると、ちょっと残念に思ったりしませんか。

これはゴーストやフレアと呼ばれ、レンズに光が入り込むことで起こる現象です。

緑色の光が入っていることもありますが、スピリチュアル的に言うと、これにはとても好意的な意味があるようです。

「スマホの写真に緑の光が入る場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

一般的に緑色とは植物と自然を示すカラーであり、人にとって癒やしの象徴となっています。

スマホで写真撮影して緑のオーブなどの光が入る場合、スピリチュアルでは土地の神さまや精霊から護られ、癒やしと幸福エネルギーを受け取ることの象徴的な現象です。

特に写真に帯状の光が入った場合は龍神のエネルギーの象徴となっていて、龍神の加護によって癒やしや成長を得られることが示されているでしょう。

「スマホの写真に緑の光が入る場合」のスピリチュアルメッセージ

ある時にスマホのカメラで写真をとって緑の光が入ったなら、神さまから「護られているよ」とか「癒やしと幸福が与えられるよ」というメッセージを受けています。

それが緑の帯であるなら、龍神がお近づきになった証と覚えておいてください。

「スマホの写真に緑の光が入る場合」のスピリチュアル的な解釈

その写真を撮影した場所がどこであったかにより、緑の光の写真は違った解釈ができます。

緑の光はほとんどポジティブなのですが、不快に感じる場合にだけは注意が必要です。

「スマホの写真に緑の光が入る場合」いい意味での解釈

もし自分の家でスマホ撮影をした時に緑の光が入ったなら、その空間は良いエネルギーに包まれていることを意味すると解釈ができます。

また神社を始めとした神さまの居場所で撮影して緑の光が映り込むのは神さまの霊力の現れであり、幸福に恵まれることの暗示だと言われています。

観光で水辺にお出かけして写真に数多くの緑のオーブがあった場合には、そこは霊力のたまり場であるようです。

ポジティブな緑色なので、数が多くても心配する必要はありません。

「スマホの写真に緑の光が入る場合」悪い意味での解釈

注意したいのは、スマホ撮影した写真がどうしても不快な感じに思えた時です。

緑の光が映っていると言っても、悪いエネルギーが強くて悪運を引き込むものになっているかもしれません。

封筒にお塩と写真を入れて燃やすか、神社仏閣にてお焚き上げをお願いするとよいです。

まとめ

愛用のスマホで緑の光の写真がとれたら、それは神さまからの守護と癒やしと幸福のメッセージでした。

しかも龍神のご利益が得られているとなると、写真の緑の光が楽しみになります。

スマホ撮影する時には、緑の光を期待してみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました