「スマホの画面を割れたままにする人」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「スマホの画面を割れたままにする人」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

いまや生活必需品のスマホですが、落として画面が割れた経験がなかったですか?中にはちょっと割れただけと言って、割れたスマホを使い続ける人もいます。

しかしスピリチュアル的に言うと、スマホの画面が割れたまま使うことは、悪運を招く原因になることでした。

「スマホの画面を割れたままにする人」のスピリチュアルでの象徴や意味

近年に登場したスマホは生活に密着した様々な使い方ができて、人が依存しやすいアイテムです。

スマホを使いこなすことができれば、運勢を上昇させることもできます。

しかし画面が割れたスマホは、マイナスな波動を持つ道具となるものです。

使い続けることは悪い方に人生が変わっていく前触れとなり、運気をどんどん下げることになります。

対人運はもちろん、金運や仕事運や恋愛運にいたるまで、総合的に運が悪い状態に導かれてしまうでしょう。

「スマホの画面を割れたままにする人」のスピリチュアルメッセージ

もしスマホの画面が割れても使っているなら、「運勢が低下しているよ」「どんどん悪いものを引き寄せてしまうよ」というメッセージです。

割れた状態で使うのは良くありません。

「スマホの画面を割れたままにする人」のスピリチュアル的な解釈

予期せずスマホ画面が割れてしまう出来事があったなら、その後にどんな対応をするかで未来は変わってくるはずです。

正しい対処方法を知って、実践してみてください。

「スマホの画面を割れたままにする人」いい意味での解釈

スマホの画面が割れることの応急処置としては、透明なテープやフィルムなどで保護する方法があります。

短期限定ですが、それ以上割れることや運気低下も防げるはずです。

しかし基本的にスマホの画面が割れたなら、修理に出したり新しいものに買い替えたりすることが重要となります。

それによって瞬時に運気低下を食い止め、幸運を上乗せできるでしょう。

割れたらすぐに買い替えができる人ほど、良い運気をまとうことが出来る人です。

またスマホが割れないように、新品には保護フィルムやケースを使ってみてください。

それによってスマホ画面が割れる確率をぐっと下げることができます。

「スマホの画面を割れたままにする人」悪い意味での解釈

もし割れた状態なのにまだ使えると思ってしまうのは、危機意識が欠如している証拠です。

そのままスマホを使い続けていくと、人生にもヒビが入ってしまうので気をつけてください。

まとめ

ある時にスマホの画面が割れてそのまま使うことは、運勢が下がって悪いことを引き寄せることに繋がっていました。

画面が割れたなら、速やかに修理や買い替えをすることです。

対処が早いほど、悪運を引き寄せずに済むことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました