「セミの抜け殻」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「セミの抜け殻」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

毎年夏の風物詩を思い浮かべたら、セミを忘れることはできません。

セミの幼虫が地上に出ると、セミの抜け殻を残して空に羽ばたいていきます。

このセミの抜け殻に思い入れのある人は、多いかも知れません。

スピリチュアルな見方をすると、セミの抜け殻からはどんな意味や解釈が読み取れるでしょうか。

「セミの抜け殻」のスピリチュアルでの象徴や意味

すべてのセミは2~7年も土の中で過ごしてから、地上に出てきて羽化する虫です。

そのため昔から再生と復活の象徴となってきました。

セミが無事に成虫として飛び立てる確率は低いために、セミの抜け殻は幸運の象徴としても見られています。

同時に抜け殻は、始まりや忍耐を表すものです。

「セミの抜け殻」のスピリチュアルメッセージ

そんなセミの抜け殻を入手できたなら、「これから成長できるよ」というメッセージを受けたも同然です。

また「粘り強くなれるよ」というメッセージもあるので、まさに受験生や社会人にはぴったりな感じがします。

「セミの抜け殻」のスピリチュアル的な解釈

何気ないセミの抜け殻ですが、数々の難関を突破してきた証拠なので、成長できることを暗示するものとなっています。

また土の中で長い下積み時代を経験してから、空に羽ばたくことになるのが、粘り強くなれる理由です。

樹木に付いているセミの抜け殻はしっかりと食い込んでいるので、粘り強さを実感できるはずです。

「セミの抜け殻」いい意味での解釈

もし自宅の壁にセミの抜け殻が付いていたら、家の人にラッキーなことが起こるかもしれません。

自宅にセミの抜け殻の数が多く見られるほど、良いことが起こる確率は上がってくるはずです。

そんなセミの抜け殻は、財布の中に入れてみればお金が貯まるとの見逃せない話もあります。

ぜひ夏になったら採集して部屋に飾ってみたり、財布に入れてみてください。

「セミの抜け殻」悪い意味での解釈

抜け殻の収集に夢中になってもよいですが、地面に落ちているセミの抜け殻は避けてください。

いったん地面に落ちたので、幸運な効力が減っている状態になっています。

これから採集するなら必ず樹木や壁にくっついているものを選ぶようにしてください。

まとめ

下積み時代の長かったセミの抜け殻は、これからの成長や粘り強さのメッセージを持つアイテムでした。

家で見つけたら、何かよいことが起きる予感がしませんか?暇な時にセミの抜け殻を1つ、見つけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました