「タコ」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「タコ」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

「タコ」といえば、タコ焼き、唐揚げ、炒めものなど、美味しい料理のイメージが浮かんでくるという方も多いかもしれません。

タコは日本では古くから食べられてきました。

その歴史は古く、弥生時代には蛸壺を使ってのタコ漁が行われていたとも言われています。

生命力と知能が高いタコは身体に良いだけでなく、じつは意味やパワーも持っているのです。

ここでは、タコの持つスピリチュアル的な意味や解釈について詳しくご紹介しましょう。

「タコ」のスピリチュアルでの象徴や意味

タコの名前の由来は、足が多いことから「多股」という漢字が当てられたことであると言われています。

タコは英語でオクトパスですが、これはラテン語で8本の足という意味です。

どちらも足の本数に由来した名前になっていますが、それだけビジュアルが印象的であるということになります。

タコの足はちぎれてしまっても再生するようになっているため、足の本数が増えることもあり、優れた再生力と高い知能が特徴です。

そこから転じて、タコは「復活」「再生」を表し、「多幸」という当て字を当てられることから幸運のシンボルともされています。

「タコ」のスピリチュアルメッセージ

タコが持つスピリチュアルメッセージとしては、「自由」「柔軟性」が大切であるということです。

タコは軟体動物であり、その柔軟性を駆使して効率よく動くことで知られています。

また、タコの情報処理能力はとても高く、「頭を柔らかくするように」という意味も持っているのです。

「タコ」のスピリチュアル的な解釈

タコのスピリチュアル的な解釈には、ポジティブなものもあれば、ネガティブなものもあります。

ここからは、その両方について解説していきましょう。

「タコ」いい意味での解釈

タコは幸運のシンボルであり、足に吸盤を持つことからも「幸福を吸い寄せる」とも言われています。

幸せな1年を過ごせるようにという願いを込めて、おせち料理にも入れられる食材です。

墨を吐いて敵から上手く逃れたりすることから、食べることで「難を逃れられる」ともされています。

また、タコの身体は茹でることで鮮やかな赤色になりますが、その赤い色が魔を避けるともされているのです。

「タコ」悪い意味での解釈

日本では幸運のシンボルであるタコですが、中東やイスラエルなどの一部の地域では「デビルフィッシュ」と呼ばれ、不吉な生き物と捉えられています。

聖書の中で「水中に棲む生き物の中では、鱗のあるものとヒレのあるものしか食べてはいけない」と言われていることが、タコを食べない由来です。

しかし、それは昔の話であり、現代ではこれらの地域でも少しずつタコを食べるようになってきています。

まとめ

今回は「タコ」のスピリチュアルな意味や解釈をお伝えしました。

「タコ」は日本では昔から親しまれてきた食材で、基本的にはポジティブな意味を持ち、縁起が良いシンボルとされています。

「タコ」のスピリチュアルな意味やメッセージが気になったときには是非こちらの記事を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました