「ツバメを見かける時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「ツバメを見かける時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

最近ツバメを見かけることがありましたか?

ツバメは藍色をした17cmほどの鳥で、温暖な時期は日本にいて、寒くなる時期には東南アジアで過ごしています。

ツバメは昔から縁起がよいと鳥だと言われて来ました。

そのスピリチュアルな意味は、知っておくべき価値がありそうです。

「ツバメを見かける時」のスピリチュアルでの象徴や意味

ツバメは雨をもたらすとの言い伝えがあるので、日本では神さまの使いとされてきました。

「ツバメが巣を作る家は栄える」と言われ、商売繁盛の象徴にもなってきた鳥です。

また害虫を食べる益鳥であり、巣があれば邪気を払って安全に過ごせるとも言われてきました。

そんなツバメを見かけるのは、幸福がもたらされることの合図です。

そしてツバメが害虫を駆除するように、いま悩んでいる問題が解決していくことも示されています。

「ツバメを見かける時」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたがツバメを見かけたなら、「近いうちに幸福なできごとが起きるよ」とか「近いうちに抱えている問題が解決するよ」というメッセージです。

人生の開運や好転に繋がっているでしょう。

「ツバメを見かける時」のスピリチュアル的な解釈

見かけるツバメがどんな行動をしているかで、未来に起きる出来事が示されています。

ほとんど吉兆として示されていますが、稀に不吉の暗示となることもあるでしょう。

「ツバメを見かける時」いい意味での解釈

明るい時間帯にツバメを見たなら、特に身近な人間関係のトラブルの解決に繋がるかもしれません。

ツバメの「チュビチュビチュビチュルルルルル」という鳴き声が聞こえたなら、それは出会いがあることの前触れになっているとされています。

またツバメのつがいを見ることがあれば、出会いがあることや、恋人や夫婦が仲良く過ごせることのサインです。

ツバメの巣にツバメがいるのを見れば、厄除けや家内安全の暗示になり、雛がいるなら子宝に恵まれたり子育てが上手く行くことの暗示になっているかもしれません。

また死骸を見かけたなら身動きが取れない状況の暗示となりますが、やがて新たなスタートが切れて自由がもたらされることも示されています。

「ツバメを見かける時」悪い意味での解釈

寒い時期や雨の中でツバメが1羽で佇んでいたなら、あなたが孤立する出来事があるのかもしれません。

それは職場などいつもいる場所で起こりがちなので、注意してみてください。

また天敵であるカラスと対立している様子があれば、人間関係のトラブルの前触れになるかもしれません。

雛を見ることも、解釈に寄ってはトラブルの暗示ということもあるようです。

まとめ

何処かでツバメを見かけたら、それは幸福なことが起きたり、問題解決の暗示になっているのでした。

ツバメを見かけてもスルーしていませんでしたか?これからはツバメの行動を意識して、吉兆を確かめてみてください。

タイトルとURLをコピーしました