「ドタキャンされる場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「ドタキャンされる場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

待ち合わせをしたのに、直前で取りやめになることもあります。

ドタキャンされる場合のジンクスを見ていきましょう。

「ドタキャンされる場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

楽しみにしていた、映画やランチの約束。

急に「ごめん、行けない」といわれると、大きなショックを受けます。

誰にとっても嫌なドタキャンですが、裏を覗くときちんとした意味があります。

スピリチュアルの世界では「物事は起こるべくして、起こるもの」と考えています。

あなたにとって必要な約束では無かったため、ほごになったようです。

ちなみにドタキャンは「幸運の前触れ」をあらわします。

忙しいあなたには、もっと大切な予定があるようです。

自由な時間とお金が手に入りかえって気楽だと、楽観的に考えていきましょう。

「ドタキャンされる場合」のスピリチュアルメッセージ

友達や気になる人からドタキャンされると、軽く扱われたような気になり嫌な心境になります。

「どうかしている」と思って、ドタキャンしてきた相手を恨めしく思えるかもしれません。

けれども見方を変えれば、この約束はあなたにとって必要が無かったもの。

本来なくてもいい約束だったようです。

この展開のあと運気が軌道修正されていき、あなたの人生は楽しみで満ちていきます。

もうドタキャンされたという負の記憶は忘れて、これからの時間を丁寧に歩んでみてください。

遊びに使うお金や費用が浮いたと思えば、あながち悪いものでは無いようです。

「ドタキャンされる場合」のスピリチュアル的な解釈

ドタキャンされる場合のいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「ドタキャンされる場合」いい意味での解釈

ドタキャンされるのは、運命が微調整をおこなっているからです。

あなたにとってメリットかデメリットかで判断したとき「デメリットの方が大きい」と判断されると、見えない力が働いて予定が無しになることもあります。

「今日は行けなくて」と断られてしまったら、それ以上断ってきた相手を責めないようにしましょう。

運命はアップダウンを繰り返して、前に進んでいくもの。

浮いた時間とお金は「あなたの楽しみ」に使って、愉快に忘れていきましょう。

「ドタキャンされる場合」悪い意味での解釈

何度もドタキャンされると、見下されているように感じて嫌な気分になるものです。

同じ人に繰り返しドタキャンされるのは「波動が合わない」サイン。

お付き合いにふさわしい相手ではないようです。

付き合いの速度を見直していくなど、何らかの対策を練っておきましょう。

あなたを大切にしてくれる人と、交流を深めていきたいです。

まとめ

ドタキャンされる場合のジンクスを見てきました。

このようなケースは運気の微調整をあらわします。

深い意味を知って、日々の生活に役立ててください。

タイトルとURLをコピーしました