PR

「トカゲの死骸」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「トカゲの死骸」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

爬虫類の代表格であるトカゲは、ごく有り触れた生物です。

嫌悪感を持つ人がいる一方、愛嬌のあるキャラクタのモデルにもなっています。

そんなトカゲが、死んでいるのを見かけた時は、どう解釈すると良いのでしょうか。

ここでは、「トカゲの死骸」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「トカゲの死骸」のスピリチュアルでの象徴や意味

トカゲは蛇と同様、神聖な生き物と考えられ、時に神の使いともされます。

神社で見かける事は、神様が歓迎しているサインです。

これは竜に通じる外見や、切れてもまた生える尻尾などが、神聖や永遠の命、無限の再生を象徴する事によります。

一方、死骸は、物事の終わりや失敗を暗示させます。

双方の意味が合わさる事で、良い意味と悪い意味の間を揺れ動く状況という意味になります。

尚、意図的にトカゲを殺した場合は、ここに当てはまりません。

「トカゲの死骸」のスピリチュアルメッセージ

スピリチュアルメッセージは、「トカゲの死骸」を見つける事です。

死骸が自分から動いて来る事はないため、外出時などに見かける事になるでしょう。

他に、夢などで見る場合も、メッセージが送られている状態です。

海外の一部地域では、大型の種類を料理に使う事がありますが、これもあなたが「食材」ではなく、「トカゲの死骸」と直観したなら、当てはまります。

「トカゲの死骸」のスピリチュアル的な解釈

「トカゲの死骸」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「トカゲの死骸」いい意味での解釈

すっかり乾燥しているなど、特段嫌悪感のない死骸の場合、物事の完了や、再生と解釈できます。

現在取り組んでいるものが、無事に完了する予兆や、1度諦めた事に再び取り組めば上手く行くという予兆です。

神社で願掛けしている時に見かけた場合は、願いが成就するという表れです。

「トカゲの死骸」悪い意味での解釈

腐敗しているなど、通常見た時より強い嫌悪感を催す場合は、悪いメッセージの場合があります。

生命力や運気の低下と、邪悪な意思が作用していると解釈できます。

このまま放置することで、目標に向けた努力が無駄になったり、当たり前に受けていた手助けが止まるという予兆です。

悪い事がまだ起きていないなら、警告として活用出来る段階です。

本当に今までベストを尽くしていたか、自分の行動を省みましょう。

今一度、真剣に取り組めば、状況を改善する事も可能です。

勿論、省みた結果、終了した方が良いと思うならそれも一つの選択です。

何よりも、選択せず半端に腐らせておく事が、一番いけません。

まとめ

「トカゲの死骸」は、神聖さや再生と、失敗や終わりという、相反するものを象徴します。

良い意味としては、物事が上手く完了するサインと解釈できます。

悪い意味としては、物事が中途半端に終わり、努力が無駄になるという解釈です。

自らを省みて、態度をはっきりさせる事で、状況を改善する事も可能でしょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする