「ハクビシン」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「ハクビシン」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

どこかを歩いていて、「鼻に白線が入った猫のような動物」を見かけたことはなかったですか?それはネコではなくてハクビシン(白鼻芯)です。

東日本などに生息するジャコウネコ科の動物ですが、畑や家を荒らしたり病気を引き起こす害獣として認知される傾向にあります。

しかしスピリチュアルな視点では、ハクビシンは全く違う存在になるのです。

「ハクビシン」のスピリチュアルでの象徴や意味

害獣扱いされてしまうハクビシンですが、実は見れば幸運が得られると言い伝えられて来ました。

とても警戒心が強くて人前に姿をほとんど見せない動物は神の使いであるとされ、古来より人に神意を伝える目的を持つと信じられています。

かつて雷獣と呼ばれた妖怪と、ハクビシンは同じであるとも言われて来ました。

「ハクビシン」のスピリチュアルメッセージ

もしも何処かでハクビシンを見る機会があれば、「これから良いことが起きるよ」という神さまのメッセージになります。

万に一つの可能性が実現したわけなので、不幸が続く方も幸福な出来事を期待してみてください。

「ハクビシン」のスピリチュアル的な解釈

目撃した時にハクビシンがどんな行動をしていたかで、幸運な出来事は違ったものになるかもしれません。

そして忌み嫌われるハクビシンに人がどう接するかというところも、きっと神さまの判断基準になっていることでしょう。

「ハクビシン」いい意味での解釈

もしハクビシンが親子だったり群れで行動している姿を見たなら、見た人にもたらされる吉兆はとても大きいと解釈できます。

神社の境内でハクビシンに出会った場合も、ご利益は高くなりそうです。

自宅の庭をハクビシンが通るようなことがあったら、家に幸福が得られるでしょう。

「ハクビシン」悪い意味での解釈

この動物を害獣としか見ないような度量の狭い考え方では、神さまのご利益を得ることは難しいかもしれません。

目撃しただけなら、追い払わずに静かに見守ってあげてください。

ただしハクビシンがいくら瑞兆であるとはいえ、民家の屋根裏や納屋などに住み着くと被害が出ます。

入り口はきっちり塞ぐことはもちろん、住み着いたら焚き火の煙でいぶしたり、ニンニクや唐辛子をばら撒くなどで対策ができるはずです。

まとめ

見ることすら珍しいハクビシンとは、出会えば良いことが起こる前兆となる動物でした。

都会の公園や河川敷などを住み処にしていることもあるようです。

街角や自然のなかで、ハクビシンに会えることを期待したいものですね。

タイトルとURLをコピーしました