「ハスの花」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「ハスの花」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

古来より神さまの世界に咲く花の代表格と言えば、ハスの花でした。

ハスはインド原産の水生植物であり、日本でもむかしから好まれ、今でも各地の公園や庭園で見ることができます。

とてもスピリチュアルな印象の強いハスの花を身近に感じることは、いったいどんな意味があるのでしょうか。

「ハスの花」のスピリチュアルでの象徴や意味

古代インドのヒンズー教や仏教では、ハスの花は神聖であることの象徴でした。

如来などの神聖な存在がハスの花に乗っている姿は、日本でも見ることができます。

またハスの花は日々開いては閉じ、それを毎年繰り返すために、輪廻転生をあらわすシンボルにもなってきました。

そのためハスの花は幸運をもたらす存在であり、邪悪なものを浄化するとか、清らかであることの象徴にもなっています。

「ハスの花」のスピリチュアルメッセージ

身近で蓮の花に接することができた場合、神さまから「あなたの邪気を浄化するよ」とか「幸福に導くよ」と伝えられて叶うことになります。

悪運に付きまとわれている方は、ハスの花を見に行くのがよいです。

「ハスの花」のスピリチュアル的な解釈

あなたがどんなハスの花を見るかによって、神聖な効果は違ったものになります。

ハスの花は全般的にポジティブなものですが、ただ人に贈ることだけは避けたいものです。

「ハスの花」いい意味での解釈

もしハスの花が咲きはじめる瞬間を見ることができたら、とても縁起がよくて開運する効果も高そうです。

色とりどりの花を咲かせるハスですが、ハスの花は色によって違ったスピリチュアルな効果を持っています。

白いハスは邪気を祓う力が強いもので、もし見ることがあれば精神の浄化をもたらしてくれるでしょう。

赤のハスを見れば愛情が高まったり、健康運が上がるかもしれません。

ピンクのハスの花を見ることになれば、癒されると同時に女性の魅力が高まると言われてます。

また蓮の花の写真や絵を飾ることは、とても縁起が良いことです。

厄除けの効果があるために、家のエネルギーを良いものに変えてくれるのは嬉しいことです。

「ハスの花」悪い意味での解釈

実はハスの花の花言葉には「離れゆく愛」というネガティブなものがあります。

これは花の期間が短いことから付けられた花言葉です。

そのためハスの花は人に贈ることは良くないことに繋がると言われているので気をつけてください。

まとめ

とても綺麗なハスの花と出会うことは、邪気を浄化したり幸福に導かれることに繋がっていました。

ハスの花を見れば癒されてご利益があるなんて、たまには鑑賞してみたいものです。

近くのハスの名所を探して、お出かけしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました