「ハチワレ猫」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「ハチワレ猫」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

ハチワレ猫のスピリチュアルな意味について、お知らせします。

身近な動物の愛くるしい意味を知って、知識を深めてください。

「ハチワレ猫」のスピリチュアルでの象徴や意味

ハチワレ猫はおでこに「八のマーク」がある猫をあらわします。

白と茶色や、黒と白など、猫によってカラーは様々です。

「八」は末広がりの縁起のいい数字として知られているので、幸運をもたらすシンボルとして愛されています。

「ハチワレ猫」のスピリチュアルメッセージ

ハチワレ猫を見たら、あなたの生活に幸せが訪れます。

数字の八には下に向かって広がるという意味があるので、子孫繁栄や商売繁盛のご利益があります。

子宝に恵まれたり、家族仲が良くなったり、仕事がいい軌道に乗っていきます。

縁起物を授かったように、あなたの身辺が輝いていきます。

「ハチワレ猫」のスピリチュアル的な解釈

街でよく見かけるハチワレ猫ですが、いい意味と悪い意味どちらも併せ持っています。

チェックしてみましょう。

「ハチワレ猫」いい意味での解釈

富士山のような額をしている、ユニークなハチワレ猫。

「八」はおめでたい数字なので、ハチワレ猫を福猫と呼んでいる地域もあります。

そのためハチワレ猫を飼っていると、その家に大判小判などの福がもたらされる、家族が病気に遭わず幸せに暮らせるという解釈もあります。

また八が富士山のマークに見えることから「富士見」「不死身」をかけて、不老長寿の働きもあるといわれています。

いつまでも家族が長生きをして、平穏無事に暮らせるのがハチワレ猫の特徴です。

「ハチワレ猫」悪い意味での解釈

ハチワレ猫は「鉢割れ猫」とも書きます。

「鉢割れ」で、頭が真っ二つに割れてしまうことをあらわしています。

不吉な死を予感させるので、江戸時代の武士の間ではハチワレ猫を忌み嫌う風習もあったようです。

ツートーンカラーの風貌が、どこかいびつに見えることから「裏表がある」「性格が悪い」という、否定的な解釈もあります。

ただ実際のハチワレ猫は人懐こく、チャーミングな仕草をしています。

ネガティブな解釈はあくまでひとつの噂として、捉えておきましょう。

まとめ

ハチワレ猫のスピリチュアルな意味について、お知らせしました。

バイカラーの毛並みが楽しめるハチワレ猫。

ユニークで愛くるしい動物として知られています。

福猫としての解釈もあるので、大切にその個性を愛していきたいです。

タイトルとURLをコピーしました