「フランキンセンス」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「フランキンセンス」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

心身に好影響をもたらす、フランキンセンスをご存知ですか。

世界三大香木に数えられる逸品であり、中世フランス語で本物の香りを意味するフランキンセンス。

日本では乳香とも呼ばれています。

むかしから神聖な儀式で使われたりと、スピリチュアルな要素に満ちたフランキンセンスは、日常のリラックスに取り入れるのがおすすめです。

「フランキンセンス」のスピリチュアルでの象徴や意味

甘くて奥深い柑橘系で、お香にも似た香りを持つのがフランキンセンスです。

古代にはイエス・キリストの誕生を祝う品にも含まれ、宗教の儀式には欠かせないものでした。

そのためフランキンセンスは、神聖な存在や霊的な存在と繋がることの象徴となっています。

邪気を払う力が強い香りであり、場所や人の浄化をもたらす香りです。

精油は若返りのオイルと呼ばれ、皮膚のトラブルを改善する力もあって、恋愛運を上げる香りです。

また心を癒やしたり呼吸器系の不調を改善したりと、心身の健康を取り戻せる意味でも重視されてきました。

黄金と同じくらいの価値があったので、金運を上げるにも効果的です。

「フランキンセンス」のスピリチュアルメッセージ

もし自宅でフランキンセンスを使った時のメッセージは、「悪いものを除去して心身によい状態をもたらすよ」というポジティブなものです。

また「恋愛運や金運などの運勢を好転させるよ」という前向きなメッセージも受けることになります。

「フランキンセンス」のスピリチュアル的な解釈

どんなふうにフランキンセンスを使って行くかで、運勢の上がり方が違ってきます。

またフランキンセンスを使う上では、少し工夫を凝らすことでより効果を得られるようになるはずです。

「フランキンセンス」いい意味での解釈

どうしてもイライラしたり気持ちが不安定な時にフランキンセンスを使えば、香りを得て心を落ち着かせることになります。

瞑想のときに守護霊と心が通じたり、前世の記憶を蘇らせたりもできたら、それはフランキンセンスが導いてくれたと解釈ができるでしょう。

使ってみて異性とのよい出会いがあれば、フランキンセンスが効果的に作用した証拠です。

フランキンセンスの液体を入手したら、水で薄めたスプレーを作ってみてください。

スプレーで気軽に邪気を払うことができ、リラックスにも使いやすく、皮膚の改善や免疫力アップもしやすくなります。

「フランキンセンス」悪い意味での解釈

効果が高いとは言えあまりフランキンセンスに頼りすぎるのは、慣れすぎて逆に効果を薄めたりすることもあるかもしれません。

フランキンセンスを使うなら毎日使わないで、別のリラックスできる香りと交互に使うるなど工夫をするとよいです。

まとめ

とても神聖で効果の高いフランキンセンスは、浄化や開運といった効果が高いことが分かりました。

精神にも体にも良くて、スピリチュアルな効果もあるだなんて魅力的です。

フランキンセンスの香りによって、自分自身を高めてみてください。

タイトルとURLをコピーしました