「ペットの遺骨」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「ペットの遺骨」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

幼少時から高齢者に至るまで、犬や猫などのペットを所有している人は多いです。

しかしどんなに可愛がっていても、多くのペットは数年から20年程度で死んでしまうもの。

その後ペットは火葬すれば、骨壷と遺骨が残されることになります。

ペットの遺骨は持っているとスピリチュアル的に見ても良くないと言われたりもしますが、実際のところはどうなのかと気がかりです。

「ペットの遺骨」のスピリチュアルでの象徴や意味

ある日ペットが死んでしまい、遺骨を手元に置き始めれば、悲しいとか寂しいという気持ちで家の中が満たされます。

ペットの遺骨は悲しみや寂しさの象徴となっているのです。

人によっては数日でネガティブから脱することができますが、別の人の場合は何年経ってもそのネガティブをひきずる場合もあるようです。

ペットは未練や執着のない生き物で、死ぬとあの世に向かいやすいと言われています。

しかし飼い主がいつまでもペットの遺骨や遺品に執着することで、ペットは地縛霊の類として家をさまようことになりかねないと言います。

飼い主の気持ちと行動次第で、手放せない遺骨は良い影響も悪い影響ももたらすことになるのです。

「ペットの遺骨」のスピリチュアルメッセージ

もしペットの遺骨を自宅に飾ってポジティブを維持できていれば、「ペットは成仏しているか守護となって好影響を与えているよ」というメッセージになります。

しかしネガティブを感じるなら、「ペットの霊がまだ現世に残って悪影響を与えているよ」と伝えられているかもしれません。

「ペットの遺骨」のスピリチュアル的な解釈

遺骨をどのような場所でどう扱っていくかで、飼い主の運勢が違ったものになります。

間違った遺骨の管理をすると、悪運をもたらすものになってしまうので気をつけてください。

「ペットの遺骨」いい意味での解釈

遺骨を置く場所は部屋でも仏間でも構いませんが、窓やドアがあって気が循環しやすく、明るい部屋に置くほうが良いです。

もし新しくペットを飼うことになった場合は、遺骨は適切に処分するほうが、新たなペットに対して良い結果をもたらすでしょう。

「ペットの遺骨」悪い意味での解釈

長く遺骨を放置して、ホコリが溜まったり汚くなったら運気を低下する物に成り下がってしまいます。

また遺骨を置き始めてからなにか家族に不幸なことが起きるようなら、遺骨や遺品が影響していると捉えることもできます。

成仏できないペットの霊がいると、不眠やイライラを起こしたり、悪夢を見やすくなるなど悪影響が出るかもしれません。

数年前に火葬された遺骨を見て、未だに悲しみが湧いてくるのは、ペットに執着しすぎ囚われ過ぎている証拠です。

いずれにしても、機をみて共同墓地などに遺骨を入れるか自然のなかに散骨するのが最適でしょう。

まとめ

部屋にペットの遺骨を置くことは、飼い主によってポジティブにもネガティブにもなるとわかりました。

しかし部屋で遺骨を放置してしまうと、呪いのアイテムみたいになってしまうのは問題です。

ペットの遺骨は適切な場所で綺麗に管理してみてください。

タイトルとURLをコピーしました