「ポニー」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「ポニー」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

何処かで小さなポニーに出会ったことはありますか?ポニーとは馬の品種ではなくて、肩までの高さが147cmより小さな馬を意味します。

世界では大型犬ほどのファラベラや、イギリスのシェトランドポニーが有名で、日本では木曽馬が有名です。

ここではポニーが人に示す、スピリチュアルな意味について解説することにします。

「ポニー」のスピリチュアルでの象徴や意味

馬は古くから戦争や物流に使われたので、活力や富や仕事の象徴的な動物でした。

また野生の馬は自由や美しさを表し、他の動物では敵わないスピードや馬力や機動力をも象徴しています。

そして小さなポニーは大きな馬に比べて力やスピードはないですが、安定して仕事をこなしたので安定感を象徴している動物です。

ポニーが生活の助けとなって、生活や移動や財力が安定したので、とても縁起が良くて役立つ馬でした。

「ポニー」のスピリチュアルメッセージ

もし何処かでポニーに出会うことがあったら、「これから仕事や生活が安定するよ」とか「安定した財力を築けるよ」といったメッセージがあります。

安定した家や給与を得て、現実的に生きて行きたい人には相応しい動物です。

「ポニー」のスピリチュアル的な解釈

実際にあなたが牧場や動物園でポニーと接することで、影響を受け取ることができるでしょう。

またポニーに関係するものを身近に取り入れることでも、運気の上昇を期待できることもあります。

「ポニー」いい意味での解釈

ある日ポニーと出会うことによって心が癒やされる効果があり、ポニーから安定の波動を受け取ることができます。

ポニーと仲良くなったり乗馬ができたなら、さらに自分自身の波動を高めて安定感を増すことに繋がるかもしれません。

白い馬は勝利を意味していますが、もし何処かで白いポニーに出会ったら勝ち運に恵まれていると解釈できます。

その勝ち運はとても強いので、大きな仕事や賭け事の前にはもってこいです。

そしてポニーのぬいぐるみや絵などを部屋に飾ることで、仕事や生活の安定を継続することに繋がることでしょう。

「ポニー」悪い意味での解釈

もしポニーに会いに行ったのに攻撃的な対応をされたら、運気の低下を意味しているかもしれません。

またポニーのぬいぐるみを放置してしまえば、ホコリが溜まって汚くなってしまいます。

仕事や生活の安定をもたらす効果は無くなるので、常に掃除することが大切です。

まとめ

愛らしいポニーとは、人の安定のメッセージをもたらす動物でした。

普段はまったく会う機会が無いなら、会いに行くことが開運に繋がります。

たまにはポニーのいる牧場や動物園に、お出かけしてみると良さそうですね。

タイトルとURLをコピーしました