「マコモ茶」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「マコモ茶」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

マコモ(真菰)という植物をご存知ならば、とても食通であるか神さまのことを理解している人です。

マコモは東アジアでは肥大した茎が食材として知られ、健康をもたらす作用や、神さまのご利益がある植物として知られていました。

そんな真菰から作るマコモ茶も健康的で、スピリチュアル的な効果も高いものです。

「マコモ茶」のスピリチュアルでの象徴や意味

古くは出雲大社でマコモは神事に使われたり、邪気を祓い幸運をもたらすしめ縄として利用されたりもしてきました。

そのためマコモやマコモ茶とは、神聖さの象徴です。

マコモを体内に取り入れることで体の浄化が進み、五臓の働きが改善されて、血液や肌が綺麗になります。

仏教でも釈迦が病人にマコモ茶を飲ませて治していたと伝わっているので、マコモ茶を飲むことは心身の浄化の象徴でもあるのです。

「マコモ茶」のスピリチュアルメッセージ

何処かでマコモ茶を飲む機会があったなら、神さまから「あなたの心身の浄化をして健康にしますよ」とメッセージを受けているでしょう。

不健康な人や精神的に問題を抱えている人は、マコモ茶を飲んでみると良いです。

「マコモ茶」のスピリチュアル的な解釈

実際にマコモ茶を飲み始めてみると、健康面の改善と共に運気も上昇して実感できるようになると言われています。

マコモ茶がもたらすご利益はぜひ感じ取ってみてください。

ただしマコモ茶を始めるならば、気をつけたいこともあります。

「マコモ茶」いい意味での解釈

もしマコモ茶を飲んで気持ちが優しく穏やかになったら、心に巣食っていた悪いエネルギーが浄化されたことを意味しています。

そしてマコモ茶を飲んでから幸福な出来事が起きたりすれば、神さまに祝福されていると解釈ができます。

マコモ茶を飲み続けていることによって、神さまの厄除けは持続することになります。

そのため喪中や忌中で神社に参拝できないという方も、マコモダケを食べたりマコモ茶を飲んでいれば大丈夫ということになります。

「マコモ茶」悪い意味での解釈

古くなったマコモ茶は酸化が進んで波動が低下しており、飲むのに適していません。

マコモ茶はもったいないからと言って、何年も保存することはできませんので、必ず消費期限は守るようにしましょう。

まとめ

とても神聖な真菰からできるマコモ茶とは、心身の浄化と健康をもたらすありがたいお茶でした。

食べるのも飲むのも未体験というなら、是非試してみたいものです。

自宅の近くでマコモを扱っているお店を探してみてはどうでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました