「マンドリル」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「マンドリル」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

奇妙な風貌のマンドリルは、とても珍しくて興味深い猿の一種です。

アフリカの赤道ギニアなどの、熱帯雨林に生息しています。

オスは体長80cm、体重30kgと幼児ほどのサイズがあり、顔の鼻が赤、鼻の周囲が青、顎がオレンジや黄色といった不思議な見た目なのが特徴的です。

果たしてマンドリルに遭遇することは、スピリチュアル的に何を示唆するでしょうか。

「マンドリル」のスピリチュアルでの象徴や意味

全ての猿は神の使いと言われ、干支にも含まれているので人間にとっても気になる存在です。

日本で猿は勝る(まさる)と言われて、勝負や悪に勝ち、魔除けと幸福をもたらすと信じられてきました。

また猿は知能や変化を象徴する動物であり、縁結びや商売繁盛を象徴する動物です。

マンドリルのオスは20頭以上のハーレムを形成することから、恋愛成就や子宝を象徴しています。

また顔の特徴からとても怖そうに見えますが、実はとても穏やかな性格をしています。

そのため見た目で判断してはいけないことも意味する猿です。

しかしマンドリルが天敵の黒豹などと対決すれば、木に登ったり物を投げたり変幻自在な攻撃で空いてを翻弄する賢さがあります。

「マンドリル」のスピリチュアルメッセージ

もし何処かでマンドリルと出会うことがあったら、「良い出会いがあったり恋愛成就につながるよ」「邪気を払って勝利をもたらすよ」というメッセージです。

そして「外見ではなく本質で判断してね」といったメッセージにもなっているでしょう。

「マンドリル」のスピリチュアル的な解釈

もっともマンドリルからの好影響を受けやすいのは、動物園にお出かけした時です。

その時にマンドリルがどんな行動をしたかで、あなたの近未来を知ることができるかもしれません。

「マンドリル」いい意味での解釈

現在日本には70頭ほどのマンドリルがいて、15か所以上の動物園で出会うことができます。

例えば愛知ではのんほいパーク、静岡では浜松市動物園などです。

そこでマンドリルの雌雄が仲良くいる姿を見れば、良い出会いや恋愛成就が訪れるサインかもしれません。

カップルでマンドリルと対面すれば、深層心理に影響してその効果は上がることが期待できます。

子供連れのマンドリルを見ることは、子宝の象徴になっているので若い夫婦には良い兆候です。

そしてあなたがマンドリルにじーっと見られるようなことがあれば、何らかの良い変化が起こることの示唆になっているようです。

マンドリルのぬいぐるみが手元に1つあれば、幸福な影響を受けやすくなるかもしれません。

「マンドリル」悪い意味での解釈

しかしマンドリルがあなたを敵視し、威嚇するような場合には気をつけてください。

何故なら威嚇は、あなたにとって良くないことの前触れになっていると解釈ができるためです。

敗北、人間関係の破綻などの示唆かもしれません。

まとめ

とっても不思議なマンドリルとは、人々に恋愛の成功や本質を見るべきことを伝えてくれる存在でした。

日本各地にマンドリルがいるので、是非会いに行ってサインを受け取ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました