「ムーンストーン」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「ムーンストーン」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

ムーンストーンは、長石類に属する宝石です。

独特の柔らかい輝きを持ちます。

インドでは、ムーンストーンは月の光が結晶となったものだと考えられ、お守りとして大切にされてきました。

また、ヨーロッパでは恋人に贈る石ともされています。

そんなムーンストーンには、どのようなスピリチュアルな意味があるのでしょうか。

ここではムーンストーンに秘められたスピリチュアルな意味や解釈をお伝えします。

「ムーンストーン」のスピリチュアルでの象徴や意味

ムーンストーンは名前の通り、その輝きを月の光に例えられることが多い石です。

月は女性性を象徴しているので、ムーンストーンもまた女性性のシンボルとされています。

それを裏付けるものとして、月の満ち欠けによって、ムーンストーンの大きさも変わるという言い伝えがありました。

ムーンストーンは高いヒーリング効果を持ち、女性的なエネルギーのバランスを整えてくれると言われている石です。

「ムーンストーン」のスピリチュアルメッセージ

ムーンストーンには、「幸運」「健康」「富」などの石言葉があります。

さらに、精神を穏やかにするヒーリング効果も高く、苛立った心や不安、悲しみを和らげる効果もあると言われ、「何も心配することはありません」というスピリチュアルなメッセージも持つ石です。

女性のエネルギーバランスを整える石ですが、男性が持っても問題はなく、心の柔軟性や穏やかさを授けてくれます。

「ムーンストーン」のスピリチュアル的な解釈

ムーンストーンには、様々なスピリチュアル的解釈がありますが、そこにはポジティブなものもあればネガティブなものもあります。

ここからは、さらに詳しくスピリチュアル的な解釈をご紹介しましょう。

「ムーンストーン」いい意味での解釈

ムーンストーンは、中国の神話にも登場します。

月下老人という中国の縁結びの神様が、ムーンストーンを「恋人たちを引き合わせる縁結びの石」として持っていたという言い伝えがあるのです。

ヨーロッパでも恋人に贈る石とされ、「恋愛成就」「縁結び」の効果もあるとされています。

ムーンストーンは心を落ち着け、健康をサポートしてくれるだけでなく、恋愛運も上昇させてくれる石なのです。

「ムーンストーン」悪い意味での解釈

ムーンストーンはポジティブで穏やかさなエネルギーを持つ石ですが、持つ人と相性が合わない場合には、その本来の力を発揮できません。

もしムーンストーンを持ち始めてすぐにヒビが入ってしまったり、持っていて違和感があったら、それはムーンストーンとの波長が合わないサインです。

石との出会いや相性にはタイミングも関わっているので、今は合わなくても将来的に縁があるかもしれません。

石を選ぶ際には、直感に従うようにしてください。

まとめ

今回はムーンストーンのスピリチュアルな意味や解釈をお伝えしました。

ムーンストーンは、女性性や月を象徴し、恋愛運や健康運を上昇させてくれる神秘的な石です。

ムーンストーンのスピリチュアルな意味が気になったら、是非こちらの記事を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました