「メンター」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「メンター」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

成長を促してくれる、先生のような存在がいます。

メンターの幸せなジンクスを見ていきましょう。

「メンター」のスピリチュアルでの象徴や意味

メンターという言葉を耳にすることがあります。

ビジネスの場では、新入社員を指導する立場として使われています。

スピリチュアルの分野でメンターとは、魂のサポートをする人のこと。

そっと後ろから力を添えてくれ、ひとつ上の高い場所に登れるように指導してくれます。

間違った方向に行かないように、後ろ盾してくれる存在だと考えておきましょう。

メンターがいると気持ちが安定して、色々なことが丸くまとまっていきます。

「ハッピーな人生になる足がかり」を作ってくれる人がメンターです。

「メンター」のスピリチュアルメッセージ

メンターはこの世に複数いる、導き手のことを指します。

魂の成長をサポートしてくれる、とても重要な人物です。

例えば苦しいことがあった時に「この人の姿を思い浮かべれば、元気になれる」というのは、メンターであるサイン。

生き方の指針を教えてくれ、人生の迷い道から救い出してくれます。

メンターはその人のキーパーソンになってくれる、愛ある存在です。

複数いることが多く、年齢や立場そして環境によっても、変わってきます。

メンターがいることで、人生に大きな希望も生まれてきます。

積極的にメンターを見つけて、幸せのアドバイスを貰ってみてください。

大きな力が湧いて、あなたの成長につながっていきます。

「メンター」のスピリチュアル的な解釈

メンターのいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「メンター」いい意味での解釈

メンターを見つけたくても、どの人なのか分からないことがあります。

メンターは現実世界にいる上司や先輩、教師であることもあれば、近くに住んでいる人や小説に出てくる主人公であるケースもあるようです。

じっとしていても見つからないので、色々な人に出会い、色々な本や映画を観て「心の師」を見つけてみましょう。

魂が震えるような感動ができれば、その人や物がメンターになります。

感動体験を積んでみてください。

「メンター」悪い意味での解釈

心の成長とともに、メンターは変わることもあります。

少し前までは「この人がメンター」力強く思っていたのに、数か月たつと別の人に心酔したくなる場合もあります。

変わることは当たり前のこと。

あまり難しく考えず、心の声に従いながらメンターと良いお付き合いをしてみてください。

まとめ

魂の成長を手助けしてくれるメンター。

より良い人生につないでくれる、心の先生です。

人生を変える、素晴らしいメンターに出会ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました