「ラベンダー」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「ラベンダー」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

アロマオイルとしても人気のラベンダー。

心を癒してくれます。

どのようなジンクスがあるのか、見ていきましょう。

「ラベンダー」のスピリチュアルでの象徴や意味

紫の小花が美しいラベンダー。

ラベンダー畑に行くと、心が洗い流されたようなフレッシュな気持ちになります。

ラベンダーには「魔除け」としてのご利益があります。

浄化作用が強いので魂を清めてくれ、不運が去るように厄払いしてくれます。

邪気を追い払ってくれるので、魂の穢れを取り除いて、悪いことが起こらないように運気を調整してくれます。

また「リラックス」という作用もあるので、その香りを嗅ぐと心が和らいでぐっすり眠れるといわれています。

優しい生活に導いてくれるハーブです。

「ラベンダー」のスピリチュアルメッセージ

ラベンダーには魔除け、そしてリラックスの作用が期待されています。

フローラルで優しい香りを嗅ぐと、大きな幸せを運んできます。

災いが起こらないように邪気を追い払い、心身を穏やかに導いてくれます。

ラベンダーはラテン語から来た言葉ですが「洗浄」という意味があります。

そのため精油を上手くつかうと魂が清められて、生まれたてのハートに戻してくれます。

不運が続いているようであれば、ラベンダーのアロマを焚いたり、ラベンダーのドライフラワーを寝室に飾ったりしてみましょう。

何ともいえない爽やかな香りが部屋中を包み込み、とろける気持ちになれます。

「ラベンダー」のスピリチュアル的な解釈

ラベンダーにはうれしいメリットと、気になる注意点もあります。

どちらも見ていきましょう。

「ラベンダー」いい意味での解釈

紫色のラベンダー畑にいると、乙女の気分になれます。

悪い気を追い払う作用が強いので、ヨーロッパでは虫除けや消臭剤としても用いられています。

庭先に植えたり、ベランダで育てたりして、気持ちの良い空間に整えていきましょう。

またラベンダーには「心のバランスを穏やかにする」という甘い作用もあります。

ストレスからくる不快な症状を和らげてくれるので「体と心が重だるい」という場合にも、力を貸してくれます。

ハーブとうまく付き合い、あなたの魂も浄化してください。

「ラベンダー」悪い意味での解釈

癒しと浄化のパワーをもつラベンダー。

ただ白い風合いのホワイトラベンダーには、疑惑や沈黙という意味もあります。

心が曇っているときにホワイトラベンダーに触れると、人間関係が不安定になったり、懐疑的な心が生まれたりします。

落ち込みやすい季節は、遠くから鑑賞しておくなど、その距離感に気を付けておきましょう。

適度なバランスがおすすめです。

まとめ

ラベンダーのスピリチュアルサインを見てきました。

ラベンダーには魔除け、リラックスというジンクスがあります。

心を整えて、明るい運を呼び寄せてくれます。

ハーブのある暮らしを、楽しんでみてください。

タイトルとURLをコピーしました