PR

「ローズ」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「ローズ」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

「ローズ」、つまり薔薇は、世界的にも愛される花の1つです。

非常に多くの品種が存在し、人類の最古の物語である『ギルガメシュ叙事詩』にも記述が見られます。

ここでは、「ローズ」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「ローズ」のスピリチュアルでの象徴や意味

バラ科バラ属の総称で、アジアのチベット周辺が原産と考えられています。

原種は花弁5枚ですが、八重咲き品種がよく知られ、枝に生えるトゲも特徴的です。

古代ギリシャにおいて、愛と美の女神アフロディーテを顕す花であり、「ローズ」自体も愛と美を象徴します。

一方、トゲの鋭さから、辛辣さや拒絶も顕します。

「ローズ」のスピリチュアルメッセージ

「ローズ」に接する時の感情にメッセージは顕れます。

花を眺める時、香りに気付く時、画像や映像、デザイン、夢、見間違えなど様々な機会がありますが、あなたが「ローズである」と認識したなら当てはまります。

「ローズ」のスピリチュアル的な解釈

「ローズ」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「ローズ」いい意味での解釈

「ローズ」に接し、好ましさ、温かみ、心地よさ、若干の畏怖、トゲによる僅かな痛みなどがあれば良い意味です。

あなたの魂に、愛によるパワーが満たされ、健全な美しさが保たれている事を顕します。

それは、身近な人からの愛という場合もあれば、組織や国家、ペット、あなた自身、あなたを見守るものの事もあります。

このような時は、あなたの望み、とりわけ恋愛に関わるものがよく叶えられるでしょう。

他に、トゲによる軽い痛みは、問題の到来と、それがあなたに注がれた愛の力によって、解決可能であるという意味です。

「ローズ」悪い意味での解釈

「ローズ」に対し、違和感、不気味さ、不安、嫌な香り、トゲへの恐怖、実際に刺さる事による激痛、その後の化膿などがあれば、悪い意味です。

注がれる愛が、あなたの望むような形ではなく、パワーになっていません。

愛が重荷になっている場合もあれば、運命を悪い方向に導く道ならざる愛といった場合もあります。

このような時は、まず、自分を愛する心が重要です。

自分を愛する事が出来れば、無理に合わない愛を求める必要もなく、望ましい愛の形にも気付けるでしょう。

まとめ

「ローズ」は、花や香りによる愛と美、トゲによる拒絶を象徴します。

良い意味としては、愛情が注がれ、パワーに満ちている状態です。

悪い意味としては、望むような愛が得られていない状態です。

このような時は、まず自分を愛する事で、良い結果が導けるでしょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする