「三峯神社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「三峯神社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

秩父の山中に鎮座している三峯神社は、埼玉でも一番のパワースポットで知られるところです。

標高1,100mの秘境にある神社は古代の景行天皇の時代、日本武尊が東征をする最中に創建されました。

古来より修験道の聖地となっていた神社の参拝は、スピリチュアル的な効果を得る上でもおすすめです。

「三峯神社」のスピリチュアルでの象徴や意味

祭神となっている伊弉諾 (いざなぎ)、伊弉冉(いざなみ)は創造の夫婦神で、夫婦和合、五穀豊穣、厄除けなどのご利益があります。

そして日本武尊は日本列島を東へ西へと歩いて平定した人物で、勝利と成功の象徴的な存在であるために勝負事によいと言われています。

またこの山で日本武尊を導いた狼は、地元ではお犬さまとして崇められる存在です。

お犬さまは災難除けのご利益が高いと言われています。

「三峯神社」のスピリチュアルメッセージ

今から三峯神社に参拝することは、伊弉諾の夫婦神からは「家庭がうまくいくよ」とのメッセージを受けることになります。

また日本武尊からは「あなたを勝利に導くよ」と伝えられ、お犬さまは「厄除けして道を切り開くよ」と伝えられるでしょう。

「三峯神社」のスピリチュアル的な解釈

神さまに参拝すれば幸福になる三峯神社ですが、境内の名所や名物を手にすればさらに運気を高めるでしょう。

そして奥宮を訪ねてみるのも良いですが、その際には気をつけたいこともあります。

「三峯神社」いい意味での解釈

本殿の近くのご神木は樹齢800年もあり、触れることで活力を得られると言われていますので、ぜひ訪ねてみてください。

毎月1日に販売の「白の氣守り」は人気があり、勇気元気やる気の霊気をもらえて成功に導くお守りなので手に入れるのがよいです。

2月の節分祭である「ごもっともさま」に参加すれば、五穀豊穣や夫婦円満や開運長寿などのご利益が得られそうです。

そして体力があるなら、妙法ヶ岳の標高1,332m地点にある、奥宮を訪ねてみれば秩父山地の絶景を眺めることになり、邪気を払い運気を高めることにつながるでしょう。

「三峯神社」悪い意味での解釈

関東の平野部から三峯神社までは、ゆうに片道3時以上をかけますので、体調を整えて行かないと疲れ果ててしまいそうです。

そして標高1,332m地点の奥宮までは片道1時間半の道のりとなり、断崖や鎖場が多い上クマやハチも出没します。

準備をしなければ怪我をして、運気を低下して帰宅することになるので十分注意してください。

まとめ

山奥にある三峯神社は、21世紀になっても秘境な山中にありました。

しかし訪れたら神さまのご利益で家庭がうまくいったり、人生の成功にも繋がることになります。

名物のお守りも欲しくなりますが、遠い場所なので入念な準備をして訪れてみたいですね。

父の山中に鎮座している三峯神社は、埼玉でも一番のパワースポットで知られるところです。

標高1,100mの秘境にある神社は古代の景行天皇の時代、日本武尊が東征をする最中に創建されました。

古来より修験道の聖地となっていた神社の参拝は、スピリチュアル的な効果を得る上でもおすすめです。

「三峯神社」のスピリチュアルでの象徴や意味

祭神となっている伊弉諾 (いざなぎ)、伊弉冉(いざなみ)は創造の夫婦神で、夫婦和合、五穀豊穣、厄除けなどのご利益があります。

そして日本武尊は日本列島を東へ西へと歩いて平定した人物で、勝利と成功の象徴的な存在であるために勝負事によいと言われています。

またこの山で日本武尊を導いた狼は、地元ではお犬さまとして崇められる存在です。

お犬さまは災難除けのご利益が高いと言われています。

「三峯神社」のスピリチュアルメッセージ

今から三峯神社に参拝することは、伊弉諾の夫婦神からは「家庭がうまくいくよ」とのメッセージを受けることになります。

また日本武尊からは「あなたを勝利に導くよ」と伝えられ、お犬さまは「厄除けして道を切り開くよ」と伝えられるでしょう。

「三峯神社」のスピリチュアル的な解釈

神さまに参拝すれば幸福になる三峯神社ですが、境内の名所や名物を手にすればさらに運気を高めるでしょう。

そして奥宮を訪ねてみるのも良いですが、その際には気をつけたいこともあります。

「三峯神社」いい意味での解釈

本殿の近くのご神木は樹齢800年もあり、触れることで活力を得られると言われていますので、ぜひ訪ねてみてください。

毎月1日に販売の「白の氣守り」は人気があり、勇気元気やる気の霊気をもらえて成功に導くお守りなので手に入れるのがよいです。

2月の節分祭である「ごもっともさま」に参加すれば、五穀豊穣や夫婦円満や開運長寿などのご利益が得られそうです。

そして体力があるなら、妙法ヶ岳の標高1,332m地点にある、奥宮を訪ねてみれば秩父山地の絶景を眺めることになり、邪気を払い運気を高めることにつながるでしょう。

「三峯神社」悪い意味での解釈

関東の平野部から三峯神社までは、ゆうに片道3時以上をかけますので、体調を整えて行かないと疲れ果ててしまいそうです。

そして標高1,332m地点の奥宮までは片道1時間半の道のりとなり、断崖や鎖場が多い上クマやハチも出没します。

準備をしなければ怪我をして、運気を低下して帰宅することになるので十分注意してください。

まとめ

山奥にある三峯神社は、21世紀になっても秘境な山中にありました。

しかし訪れたら神さまのご利益で家庭がうまくいったり、人生の成功にも繋がることになります。

名物のお守りも欲しくなりますが、遠い場所なので入念な準備をして訪れてみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました