「上弦の月」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「上弦の月」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

半月の形をしている、上弦の月。

どのようなジンクスが込められているのか、スピリチュアルの観点から見ていきましょう。

「上弦の月」のスピリチュアルでの象徴や意味

弓矢のような形をしている上弦の月。

左側が欠けて見える、半月の月です。

上弦の月は満月になる途中にあらわれる月で、成長や始まりという意味があります。

エネルギーが満ちていき、色々な運気が上昇していきます。

心の波動も強くなり、月の光のように輝いていきます。

上弦の月が浮かんでいるときに新しい事業に手を付けると、目標に向かって美しく輝くことができます。

素晴らしい期間を、前向きに過ごしていくといいでしょう。

「上弦の月」のスピリチュアルメッセージ

上弦の月が夜空に浮かんでいたら、新しいステップを踏んでみましょう。

大きく成長できる時期なので、色々なことを吸収していけます。

また行動力や決断力が、いつもより増しています。

新しいことを計画して実行していくのに、最適なシーズンに入っています。

思い浮かんだことを端から順に試していくと、良い結果が得られるでしょう。

またコミュニケーション能力も上がっているので、初対面の人とも気さくに打ち解けられます。

パーティや懇親会には積極的に出かけて、色々な人と交友を結んでおきましょう。

華やかな魅力もあるので、どこに行っても百合の花のように注目を集められます。

「上弦の月」のスピリチュアル的な解釈

上弦の月のいい解釈、悪い解釈どちらも見ていきましょう。

「上弦の月」いい意味での解釈

上弦の月が出ていたら、好奇心旺盛に色々なことに取り組めます。

瞬発力があるので、決めたことを前向きに実行していけます。

家でじっとしているよりも、外に出て色々な体験をしていきましょう。

プラス思考で色々なことを受けとめられる、とてもラッキーな期間です。

予定はより多く入れて、様々な経験を積んでいきましょう。

「上弦の月」悪い意味での解釈

上弦の月はポジティブな意味の多い月です。

ただ人によってはエネルギーが強すぎて、疲れてしまうことがあります。

激しく動きすぎて疲弊してしまった場合は、小まめに休憩を取り入れてみましょう。

押してばかりではなく引く時間も受け入れてみると、チャクラのバランスが整っていきます。

あなたにとって居心地のよい状態を見つけながら、絶好調の期間を楽しんでみてください。

まとめ

上弦の月のスピリチュアルサインを見ていきました。

満月に向かって成長をしていく上弦の月。

エネルギーが強くなって、明るく物事に挑戦していけます。

月にまつわるジンクスを知って、日々の暮らしに生かしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました