「下弦の月」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「下弦の月」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

夜空を見上げると、半月が浮かんでいる場合があります。

下弦の月にまつわるジンクスを、調べていきましょう。

「下弦の月」のスピリチュアルでの象徴や意味

右半分が欠けている下弦の月。

新月に向かっていく、途中にある月です。

だんだんと暗いゾーンが広がっていくので、静寂やリラックスという意味があります。

心を落ちつかせ、これまでの復習をしていく穏やかな期間です。

魂も休息に向けて動き出しているので、一人静かに取り組めることに精を出すといいでしょう。

読書をする、アロマを焚く、日記をつける。

自分と向き合う時間をつくってあげると、この日をしっとりと楽しめます。

「下弦の月」のスピリチュアルメッセージ

下弦の月が浮かんでいたら、動よりも静をイメージして優しい時間を過ごしてみましょう。

これまで頑張ってきたことを、もう一度おさらいし気になる点があれば修正していきましょう。

下弦の月にはリセットという、意味合いもあります。

調子が悪いと思うことは無理に続行せず、見直してみることも大切です。

あなたが心地よいと思う方向へ、舵を切っていきましょう。

春夏秋冬に例えると下弦の月は、秋を思わせる一日です。

物思いにふけったり、ゆっくり散歩を楽しんだりセンチメンタルな気分に浸ると、この時期を居心地よく過ごせます。

リラックスできる趣味を見つけて、あなた流にこの日を楽しんでみてください。

「下弦の月」のスピリチュアル的な解釈

下弦の月にまつわる良い解釈と、気になる解釈を見ていきましょう。

「下弦の月」いい意味での解釈

下弦の月は癒しやリラックスの作用があります。

アウトドアよりもインドアが似合う、自分磨きの日です。

ゆっくり将来について考えたり、空想にふけったりすると、充実した時間を過ごせます。

ネイルや手足のマッサージ、そしてお灸をして、美しさを高めていきましょう。

さらに上のあなたになれます。

「下弦の月」悪い意味での解釈

下弦の月は、内にこもるエネルギーが強くなっています。

そのため無理に人と会うと、波動の乱れを感じてイライラすることもあります。

月の満ち欠けに敏感なときは無理に予定を入れず、一人で過ごせる時間を優先させてみましょう。

「あなたと対話する一日」と思えば、この日も楽しく乗り切れます。

ゆっくり静かに過ごして、喜びの多い日にしてみてください。

まとめ

下弦の月のスピリチュアルサインを見てきました。

新月に向かう下弦の月には、癒しや自分磨きというキーワードがあります。

月のジンクスを心に刻み、日々の暮らしに役立ててください。

タイトルとURLをコピーしました