「下鴨神社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「下鴨神社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

紀元前からあると言われる下鴨神社。

それほど、古いということは、霊感やスピリチュアル効果もかなり高いと思われます。

ということで、今回は下鴨神社のスピリチュアル効果について、お話していきます。

「下鴨神社」のスピリチュアルでの象徴や意味

神社ですので、家内安全や、子宝、縁結びなど、一通りの祈願は出来ます。

しかし、その中でも、美人になれるという場所があるのです。

これは、神武天皇の母、玉依姫命(たまよりひめ)が祭られている場所で、この神が、とても美しかったことから、「美麗の神」としてまつったことから、始まったようです。

そこには、鏡絵馬と言って、自分の顔を描く、丸い絵馬があります。

表に自分のなりたい顔を、裏には、自分の目指している願い事を書くことで、見た目も中身も美しくなると言われているそうです。

もし、あなたの心が嘘偽りのない、美しいものであるなら、その願いが聞き届けられるかもしれません。

「下鴨神社」のスピリチュアルメッセージ

この場所に、「水みくじ」と言って、水にさらして、あなたを占うおみくじがあります。

そこに書かれたものは、あなたへのスピリチュアルメッセージだと思ってください。

水にさらさないと、わからないおみくじ。

特別なメッセージですよね。

また、糺の森と言う場所があり、これは偽りと糺すと言うところです。

あなたの中に、偽った気持ちがあるのなら、行って見ると良いかもしれません。

自分がどうすればいいのか、また、自分がどうしたいのかということが、見つかるかもしれません。

「下鴨神社」のスピリチュアル的な解釈

縁結びの神としても有名ですが、それは、元々別々の樹木だったものが、途中から1本の気になることから、その場所が、縁結びとなったようです。

夫婦仲があまり良くない人なども訪れるようで、別々のものが、一つになり、育っていく様子などは、見るからに不思議で、スピリチュアル効果が強く発揮されそうです。

しかし、祟り神としても有名ですので、自分にやましい気持ちがあると、祟られることもあるかもしれません。

その場合は、自分の願いを聞き届けてもらう前に、糺の森で、自分自身を浄化しましょう。

全てをすっきりと、洗い流すことによって、新たな願いが聞き届けられるかもしれません。

「下鴨神社」いい意味での解釈

古くからある、神社ですので、いろんなスピリチュアル効果が高く、自分の願いが届くでしょう。

また、自分の中にやましい気持ちがあるなら、ここで、一回リセットすることができるかもしれません。

「下鴨神社」悪い意味での解釈

この神社には、色々と不思議な出来事があります。

それほどに、パワーが強い神社ですので、軽い気持ちで訪れると、痛い思いをしてしまうかもしれません。

まとめ

もし今、あなたが何かに落ち込んでいるなら、一度訪れてみると良いかもしれません。

新たな自分に生まれ変われるきっかけになるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました