PR

「不採用」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「不採用」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

面接を受けたら不採用になることは、多くの人が経験することです。

今回はご縁がなかったということで済まされますが、不採用になるのはがっかりしてしまいます。

実はそんな不採用になることは能力が足りないだけでなく、スピリチュアルな理由も存在すると言われているのです。

「不採用」のスピリチュアルでの象徴や意味

一般的にいわれる不採用になりやすい原因とは、その会社に必要とされる能力が欠如していたり、年齢や学歴や勤務形態が会社には合わないと判断されているためです。

しかしスピリチュアル的に言うと、面接に挑む人の気力で判断されていることがあります。

やる気、根気、勇気、元気、覇気、運気、そういったものが感じられる人が優先的に採用されやすく、気力が低い人は不採用になりがちです。

そして実は、その仕事はあなたの天職にならず、あなたには無理な仕事であることの暗示でもあります。

あるいは不採用となるのは、今はまだその仕事の準備ができていないことや、始めると悪いことが起きるから就職は避けるべき暗示です。

それは会社側の人がどんな思考を持っていたとしても、運命的に決まっている出来事だったりします。

「不採用」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが仕事の面接で不採用になったら、「必要な能力と気力がなかったよ」「その仕事はあなたに向いていないよ」というメッセージです。

そして「採用されると悪いことが起きるから不採用になったよ」というメッセージの場合もあります。

「不採用」のスピリチュアル的な解釈

次の面接で上手くいくためには、必要な対策を取っていくことが重要です。

それは仕事の探し方と、気力や運気の向上といったもので、すぐにできることもあります。

「不採用」いい意味での解釈

不採用になったら他の仕事を探すことになりますが、まず自分の得意分野に絞って探すのは良いことです。

しかし得意分野で不採用になったということは、得意とは別の方面に自分の天職があることのサインかもしれません。

だから自分の未知なる分野の仕事を、探してみることも怠らないでください。

不採用になる人は気力が低いことが原因になるので、気力を高めてから面接に挑んでみてください。

例えば面接を受けたらご褒美がもらえる状況を作ったり、面接の前には運動したり水浴びをして邪気を祓ったり、神社に参拝してご利益を得たり、お守りを身につけるなどの方法があります。

そして気持ちを入れ替えて勉強や準備を入念にし、再度面接に挑んでみれば採用に近づくことができるでしょう。

「不採用」悪い意味での解釈

もしある会社で不採用になったのに必要な対策を取らなければ、何度面接を受けても落ち続けるかもしれません。

また仕事を探す分野にこだわりを持ち続けるのもマイナスに作用する場合があります。

まとめ

不採用になりがちな人は、必要な能力だけでなく気力も足りていませんでした。

そしてその面接を受けた仕事はあなたに向いていなかったり、悪いことが起きるから止めるべき暗示になっていたのです。

必要な対策を講じて気力を高め、天職を見つけてみてください。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする