「不整脈」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「不整脈」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

これまでに不整脈を患ったことがありますか?

不整脈は心疾患が係わる症状であり、日々のストレスや疲労や加齢によっても起こる問題です。

脈がゆっくりだったり速かったり、不規則になったりして息苦しさを伴うこともあります。

生活が乱れるし重大な病気にも繋がる厄介な不整脈ですが、実はスピリチュアル的な意味があるのかもしれませんよ。

「不整脈」のスピリチュアルでの象徴や意味

日頃から不整脈を感じるようになることは、精神の不安定さの象徴です。

日々会社でストレスを受けたり、人間関係で嫌なことばかりなのに我慢したり、イライラしらり怒ったりしていませんか?そうした精神の問題が心疾患や不整脈に現れます。

特に幼少時から喜怒哀楽が激しかったり、ちょっとしたことでも傷つく繊細な人は不整脈も発生しやすいです。

また日頃から何も考えず好きなものを食べたり、運動をしないなど生活が乱れている人も不整脈となります。

心臓を悪くして不整脈になることは魂の波動の低下を意味しており、行動に制限がかかることで幸運も逃れてしまっています。

「不整脈」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが不整脈を発症してしまった場合、「精神と心臓が弱っているよ」「生活習慣を改善して」と言うメッセージです。

生き方を根本的に改善しなければいけません。

「不整脈」のスピリチュアル的な解釈

毎日ど適切な対処をすることが、不整脈になった人には必要なことです。

それによって体調も運勢も良い方に向かって行くわけですが、何も対処せず放置してしまうのは良くないことばかりを招き寄せます。

「不整脈」いい意味での解釈

もし心疾患や不整脈になったら、不安やストレスを取り除いて行くことが優先です。

それによって日々の気力を高め、運気を改善することにもなります。

また日々波動を高めるため、癒やされることや楽しいことを優先的に取り組むのも良いです。

不整脈だけれど苦しさは無い場合、今は平気だけど近い将来危ないことが示されていますので、なめてかかってはいけません。

禁酒や十分な睡眠や栄養の改善など、生活習慣を健康な方に見直して行けたら、不整脈も改善しやすくなります。

食事面では脂っこいものや甘いものやカフェインを控えるようにして、悪玉コレステロールを下げていく内容に変えていくのが良いでしょう。

「不整脈」悪い意味での解釈

ある時に不整脈の時に息苦しい感じがした場合、危険が知らされている状況です。

不整脈で動悸も感じるなら、ストレスや不安が強すぎることが現れています。

頻脈になった場合には頑張り過ぎが警告されているようです。

いずれにしても不整脈を放置してしまっては運勢は悪い方に転がり、生命の危険も迫る可能性があります。

まとめ

誰にでも起こりうる不整脈とは、精神と心臓の弱った状態であり、生活習慣を改善していくべきであるというメッセージでした。

食べ物や習慣を変えることは難しいですが、死にたくないならば実践するしかありません。

できるところから順番に取り組みたいですね。

タイトルとURLをコピーしました