PR

「与論島」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「与論島」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

南国の「与論島」は、美しいサンゴ礁に囲まれた小さな島です。

沖縄本島の近くにあるものの鹿児島県に属する島であり、人口は5000人ほど。

古来より神に作られた島として知られてきました。

「与論島」は島自体がパワースポットだと言われますが、どんなスピリチュアルな影響が得られるのか、探ってみることにしましょう。

「与論島」のスピリチュアルでの象徴や意味

伝承される神話によれば、むかし女神アマミクと男神シニグクが舟で漂っていたところ船の舵が引っかかり、引き上げたことでユルヌ(島の古名)が生まれたとのことです。

そのため与論島は神の島であり、美しい海と陸地の景色に囲まれてとても波動が高いところです。

訪れることにより、嫌な気持ちやストレスがすっかり浄化されると言います。

島の中にある数々のパワースポットが、運勢を飛躍的に高めるでしょう。

与論島を訪れることが人生の転機になって、良い方向に向かうことが期待できます。

与論島の観光をしてみたい気持ちが湧くのは、ここでパワーや転機が得られるから、神さまに呼ばれているようです。

「与論島」のスピリチュアルメッセージ

もし与論島にお出かけしたい気持ちが高ぶるならば、「嫌なことを浄化して幸福が得られるよ」「この島を訪れて人生の転機となるよ」というメッセージでしょう。

宿泊を兼ねた観光にお出かけしてみるのが良いです。

「与論島」のスピリチュアル的な解釈

古来より神聖な場所であった与論島には、あちこちにパワースポットが存在しています。

宿泊がてら訪れたら、気になる名所を訪れてみてください。

「与論島」いい意味での解釈

島の中心部にある舵引の丘(ハジビキパンタ)は、神話の中で神の舟の舵が引っかかったところです。

島を一望できる丘は神に通じるため、エネルギーが高いと言われています。

島の各地にある絶景の海辺は、特に波動が高くて癒しの効果が高いところです。

例えば真っ白な砂浜で知られるトゥマイビーチ、条件が合った時だけ現れる幻の島百合ヶ浜などが知られます。

南部に行けば14世紀に創建された琴平神社があり、大物主神、市杵島姫、菅原道真を祀っているために、商売繁盛、健康、縁結び、子宝、合格など様々なご利益があるとのことです。

そして与論島で過ごす間は、名物である新鮮な魚介料理やフルーツを食べたり、黒糖焼酎を飲むことで波動を高められるでしょう。

「与論島」悪い意味での解釈

海辺の岩場のパワースポットは足元が悪いので、気をつけて行かなければ転ぶなどの不運を招いてしまうかも知れません。

また島にゴミを捨てるなどしたら、罰当たりなので気をつけてください。

まとめ

神さまが作った「与論島」は、海の絶景とパワースポットに溢れた島なのでした。

観光に行けば心が浄化されて幸福が得られて、人生の好転にも結びつきそうです。

島の海辺や歴史的名所などを訪れたり、美味しいものを食べるなどで楽しく過ごしてみてください。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする