「中指の指輪」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「中指の指輪」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

アクセサリーとしてだけでなく、おまじないやお守りとしても身に着けられる指輪。

特別な日だけでなく、普段のファッションにも欠かせません。

着ける指によって、その指輪が持つスピリチュアルな意味や効果が異なります。

「中指の指輪」には、どのようなスピリチュアル的な意味や解釈があるのでしょうか。

ここでは、「中指の指輪」のスピリチュアル的な意味や解釈をご紹介します。

「中指の指輪」のスピリチュアルでの象徴や意味

中指は、英語で「ミドルフィンガー」と呼ばれ、中指に着ける指輪は「ミドルフィンガーリング」といいます。

左右どちらの中指も、主に「インスピレーション」「霊能力」を意味し、「中指の指輪」は直感力を高める効果があるのです。

また、右手の中指の指輪はは特に霊能力や直感力を増幅させ、周囲に惑わされずに自らの意思で行動できるパワーを与えてくれます。

また、邪気から身を護る効果があるのも右手の中指の指輪です。

左手の中指にはコミュニケーション能力を高める働きもあり、さらに人間関係を改善したりアイディアが欲しいときにも助けてくれることでしょう。

「中指の指輪」のスピリチュアルメッセージ

「中指の指輪」は、「終わったことが再び始まる」または「復活」という意味のメッセージを持ちます。

やり直したいことがあるときや、復縁を望んでいるときにも、「中指の指輪」が力を貸してくれることでしょう。

また、嫉妬や邪気、悪意からも見守ってくれる効果があり、さらに安らぎや幸運を呼び込んでくれます。

「中指の指輪」のスピリチュアル的な解釈

中指を司る守護神は「サトゥルヌス」です。

恐ろしいイメージを持たれるサトゥルヌスですが、一方でカリスマ性を持つ神でもあります。

サトゥルヌスは「時間」「再生」「富」「農耕」を司っているので、今以上に豊かになりたいときは、もう一度やり直したいことがあるときには中指に指輪をすることで、サトゥルヌスからのサポートを受けられるかもしれません。

「中指の指輪」いい意味での解釈

「中指の指輪」は、「直感力アップ」「邪気除け」を意味し、幸運を呼び込んでくれるという意味があります。

人間関係をより良くしたいときや、周囲とスムーズにコミュニケーションを取りたいときにも対人スキルを高めてくれるはずです。

目につきやすい指輪でもあるので、好きなデザインを選ぶことで気持ちを明るくしてくれます。

「中指の指輪」悪い意味での解釈

幸運を運び、邪気を払ってくれる「中指の指輪」ですが、恋愛や異性は遠ざけてしまうという特徴があります。

トラブルからは身を守ってくれますが、特に女性が身に着けることで男性との出会いや恋愛のチャンスまでも寄せ付けないようにしてしまう可能性があるのです。

新しい出会いや恋愛を望んでいるときには他の指に指輪をするようにしてみてください。

まとめ

今回は「中指の指輪」のスピリチュアルな意味や解釈をお伝えしました。

「中指の指輪」は基本的にインスピレーションを高め、お守りとしての意味があります。

「中指の指輪」が気になったときには是非こちらの記事を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました