「亀を飼う時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「亀を飼う時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

これまでに何らかの種類の亀を飼った経験を持つ人は、意外と多いようです。

日本で飼育しやすい亀と言えばクサガメやニホンイシガメやミドリガメなどがいて、小さくて飼育しやすい上、10~20年の寿命があるので長い付き合いになります。

亀を飼うことは、スピリチュアル的に言っても縁起のよいことです。

「亀を飼う時」のスピリチュアルでの象徴や意味

自宅で亀をペットにするということは、家の邪気を除け、金運や幸福をもたらす意味があります。

亀が厄除けの動物なのは、硬い甲羅を持っていることや、古代中国では亀が仙人の使いだったり、日本では龍宮城の海の神様の使いであることも関係することです。

また「鶴は千年亀は万年」とのことわざが示すように長寿の象徴ともなっているため、飼い主も長寿の力を得られる縁起物ともなっています。

「亀を飼う時」のスピリチュアルメッセージ

もし何かの亀を飼い始めることになった場合には、「邪気を跳ね返して幸福になるよ」とか「飼い主も健康で長寿になれるよ」といったメッセージがあります。

運勢をポジティブに転換させるには、ぴったりな動物です。

「亀を飼う時」のスピリチュアル的な解釈

亀にとって良い環境を作ってあげると、家や飼い主に良い運気を満たすことに繋がります。

しかし逆に亀の環境が悪くなれば、不幸を招くことにも繋がるので気をつけてください。

「亀を飼う時」いい意味での解釈

いつでも亀にとって居心地の良い環境は、家自体も良いエネルギーで満たされることを意味しています。

そんなリラックスした亀を見ることは、飼い主自身の精神的な安定や運気の回復につながることです。

亀は狭い場所に閉じ込めてばかりではいけません。

思い切り歩くことができたり、日向ぼっこができことができれば、亀のストレスもなくなって飼い主の運気も上昇するでしょう。

亀の住み処となる水槽などは、掃除をすることで悪いものを排除して幸福を増やすことができます。

亀の甲羅を綺麗にすることも同様です。

ぜひ定期的なお掃除やブラッシングをやってみてください。

「亀を飼う時」悪い意味での解釈

逆に亀の住み処を汚いまま放置することは、運気の低下や家に悪いエネルギーが溜まることになります。

不運な出来事が頻発することになりかねませんので、亀の住み処の定期のお掃除は無視しないでください。

まとめ

家で亀を飼育したら厄除けや幸福や健康がもたらされるとなれば、ぜひ始めてみたいものです。

クサガメやニホンイシガメなどであれば、飼育の負担も少なくなります。

亀の居心地の良さが家の幸福に繋がりますので、それを忘れずに飼い始めてみてください。

タイトルとURLをコピーしました