「事故に遭いやすい人」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「事故に遭いやすい人」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

身近に何度も事故を起こしてしまう人、いたりしませんか?物損事故や衝突事故、そして人身事故などですが。

そんな人は一般的な解釈では、不運だとか運転下手だとか、高齢者だからなど言われ放題。

しかしスピリチュアルの視点でみていくと、事故に遭いやすいことにはとても深い意味があるようなのです。

「事故に遭いやすい人」のスピリチュアルでの象徴や意味

通常は不運などと言われている事故ですが、人が関わっている事故の場合には、互いに引き寄せあっていることの象徴だと言われています。

人は普段は意識しなくても、潜在意識の中で赤の他人と繋がっているのです。

事故とは同じ波長や思考を持つ類友同士が、引かれあった結果と言えます。

そして1人で自滅したように見える事故の場合には、その場のよくないエネルギーが影響している場合があるでしょう。

悪霊が引っ張り込んで事故が起きたみたいなことも同じです。

「事故に遭いやすい人」のスピリチュアルメッセージ

この場合には「よくない意識同士だから事故を起こしたよ」というメッセージになっています。

また「よくないエネルギーに引っ張られているよ」というメッセージがあるのも確実でしょう。

「事故に遭いやすい人」のスピリチュアル的な解釈

どんな種類の事故を繰り返すのであっても、被害が少ない場合と大きい場合があります。

これは引き寄せに繋がる潜在意識の大きさ、その時の集中力、場のエネルギーなどが関わっていると言われています。

もしよくない意識を常に持っているなら、まったく別の意識に改善することで、事故を繰り返すことを止められるはずです。

「事故に遭いやすい人」いい意味での解釈

事故を起こしたの時に互いに傷1つなければ、それは運が良いだけでなく良いエネルギーに護られていると考えられます。

事故を起こした相手との相性もよいので、もしかするとよい人間関係が進んでいくかもしれません。

「事故に遭いやすい人」悪い意味での解釈

もし短期間に事故を繰り返してしまうようなら、それは不運であると同時に、よくない引き寄せの法則が強まっている証拠です。

早急に意識を変えなければ命を落としかねません。

事故を起こす場所が毎回同じである場合、悪霊ともいわれる悪いエネルギーと同調して、事故を導いてしまっていることが考えられます。

その場はできるだけ避けて通るのが一番ですが、どうしても通る時にはいつもより慎重な気持ちを心がけてみると良いです。

まとめ

何故か事故に遭いやすいタイプの人は、引き寄せあっていたり、よくないエネルギーの影響を受けていることがわかりました。

事故を繰り返すことは、いずれ大事になってしまうかも。

まずは日常的な意識改革から、取り組んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました