PR

「二人目の不妊」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「二人目の不妊」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

最初の赤ちゃんはすぐ出来たのに、それ以降はつまずくこともあります。

二人目の不妊のジンクスを見ていきましょう。

「二人目の不妊」のスピリチュアルでの象徴や意味

兄弟や姉妹を作ってあげたいのに、思うようにいかない時もあります。

「一人目はすぐに産まれたのに、どうして」と悩むパパやママも多いものです。

順調にお産をした家庭を見て「どうしてうちだけ」と切ない気持ちになることもあるかもしれません。

スピリチュアルの世界で二人目の不妊は「今の生活を楽しんでください」というメッセ―ジです。

赤ちゃんは色々な奇跡の積み重ねで、この世に誕生します。

二人目の赤ちゃんを授からないのは「そういう時期だから」です。

ママやパパの仕事が忙しい、あるいは今の生活が充実している時も、二人目の不妊は起こります。

また一人目のお子さんの子育てを楽しみたい時にも、こういうことに出会いやすくなります。

「二人目の不妊」のスピリチュアルメッセージ

兄弟が欲しいのに、恵まれない時期もあります。

努力は沢山しているのに授からないと「天罰かもしれない」と辛く思うこともあるかもしれません。

不妊はママやパパに、原因がある訳ではないもの。

決して自分たちを責めないようにしましょう。

もうすでに一人の赤ちゃんを授かっているので「宝物がある暮らし」を楽しんでみてください。

また二人目の不妊に悩んでいると、つい一人目の子育てがおろそかになる場合もあります。

上の子のお子さんが成長するのは、思っているよりも早いもの。

一人目のお子さんと楽しい所に出かけるなど、ママとパパの時間をもっと楽しんでいきましょう。

笑顔あふれる日々を過ごすことが、今のあなたにとって何よりも大切です。

「二人目の不妊」のスピリチュアル的な解釈

二人目の不妊にまつわる、いいお知らせと注意点を見ていきましょう。

「二人目の不妊」いい意味での解釈

こうした時間は不幸ではなく「幸せの入り口」であることも。

同じような境遇の友達ができる、新しい趣味が見つかるなど、新たなステージの第一歩をあらわしています。

神様が「もう少し寄り道をしなさい」と教えてくれている時にも、二人目の不妊は起こりやすいです。

「子供を作ること」それだけに捉われず、もっと世界を広げていきましょう。

楽しいことがいっぱい増えていきます。

「二人目の不妊」悪い意味での解釈

二人目の不妊が原因で、夫婦仲が悪くなってしまうこともあります。

「私は頑張っているのに、夫はどうして」など、パートナーにイライラをぶつけたくなる日もあるかもしれません。

こういう時は、お互いを責めないこと。

どちらに非がある訳でも、あなたが悪い訳でもありません。

気分転換を図りながら、幸せのステージに飛び立つ準備を始めてみましょう。

まとめ

二人目の不妊にまつわる、幸せのジンクスを見てきました。

二人目が授からないのは、神様が与えた学びである可能性も。

人生は喜びに満ちているので、ぜひ明るい面を向いて進んでみてください。

きっと良いことが起こります。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする