PR

「二元性」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「二元性」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

二元性という言葉を聞いても、正直ピンと来ない人は多いのではないでしょうか。

具体例を出すと、昼と夜、表と裏、生と死などがあげられます。

このように、2つあることで成り立つ世界のことを二元性の世界と言います。

ここでは、二元性のスピリチュアル的な意味や解釈について詳しく解説していきます。

「二元性」のスピリチュアルでの象徴や意味

二元性とは、2つあることで成立する世界のことだと述べました。

物質的な面だけではなく精神的な面から見ても二元性の世界は存在します。

具体的例としては、幸せと不幸、正解と間違い、ポジティブとネガティブなどがあげられます。

そして、スピリチュアル的な観点から見ると、二元性的な世界観には「思考の偏り」といった意味があります。

「二元性」のスピリチュアルメッセージ

二元性的な世界観が持つスピリチュアルメッセージは「偏ったものの見方」というものになります。

幼い子どもを例に出すと分かりやすいかもしれません。

まだ幼い子どもは、正義の味方と悪者がいれば大多数が正義の味方を好きになるでしょう。

悪者にもなんらかの事情や背景があるなどとは考えません。

もちろん、年齢を重ねていても二元性的な世界観で物事を捉える人はいます。

白黒思考でグレーゾーンが少ない人などがその代表格だといえます。

「二元性」のスピリチュアル的な解釈

スピリチュアル的に見ると、二元性的な世界観には、思考の偏りや偏ったものの見方という意味があります。

ここからは、いい意味での解釈と悪い意味での解釈を両方みていきましょう。

「二元性」いい意味での解釈

二元性そのものにはいい意味も悪い意味もありません。

暗い闇があるからこそ光が輝くように、どちらがよくてどちらが悪いということも単純には決められません。

ただ、二元性的なものの見方には、どちらが正しいかが分かりやすいというメリットがあります。

そのため、幼い子どもにルールを教える時などには便利な考え方だといえるでしょう。

「二元性」悪い意味での解釈

一方、二元性的なものの見方にはデメリットもあります。

それは、自分にも他者にも厳しくなってしまうこと、今すでにあるものが見えにくくなってしまうことなどです。

私たち人間には、欠点も弱さもあるのが自然なことです。

しかし、二元性的なものの見方をすると、完璧主義に陥り自分で自分を苦しめてしまう可能性があります。

すると、今すでに目の前に存在する幸せや喜びを感じにくくなるのです。

心当たりがある人はグレーゾーンを広く持ってみましょう。

きっと生きるのが楽になるはずです。

まとめ

二元性そのものにはいい意味も悪い意味もありませんが、二元性的な世界観には、思考の偏りや偏ったものの見方というスピリチュアル的な意味があります。

このような世界観は自分を苦しめてしまう可能性があります。

自覚がある人は、さまざまな角度から物事を捉えるようにするとよいでしょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする