PR

「二極化」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「二極化」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

「二極化」とは、物事が大きく2つに分かれ、それぞれに集約されていき、中間がなくなる状態を指します。

様々な場面で発生する事ですが、近年、スピリチュアルにおいても語られています。

ここでは、「二極化」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「二極化」のスピリチュアルでの象徴や意味

「二極化」が叫ばれ始めたのは、社会情勢の変化が観測された結果です。

新型コロナにおいては、かかる人、かからない人、ワクチンを打つ人、打たない人といった分断がありました。

ウクライナ戦争も、意見対立を生んでいます。

陰陽五行説においては、「二極化」は陰と陽が拮抗しており、むしろ理想的な状態を意味します。

一方、あまりに激しい対立となれば、力関係のバランスが崩れた瞬間、一気に片方に寄る危険性もあります。

「二極化」のスピリチュアルメッセージ

社会情勢や人々の価値観の二分化として表れます。

個人へのメッセージとしては、それらに関する二択の形で表れます。

ABどちらを選ぶか、という選択です。

この時、どちらも選ばないという中庸の態度は、強いストレスを生みます。

そして、片方を選ぶ事と決めた後は、もう片方はあり得ない、という強い自覚をもたらします。

「二極化」のスピリチュアル的な解釈

「二極化」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「二極化」いい意味での解釈

「二極化」で中庸を選べたり、片方を選んだとしても反対側について認める気持ちが持てている場合、良い意味と解釈できます。

陰陽のバランスが取れ、それぞれのエネルギーを適切に使い分けられる状態です。

どっち付かずと誹られる事もありますが、中道を征く充実した心身は、それが一方的な狭い意見である事を知っているため、大きなダメージを受けません。

規模の大小こそあれ、人をまとめ、彼らを次のステージへ導く力に繋がっていくでしょう。

「二極化」悪い意味での解釈

「二極化」により、どちらかを選んだ結果、反対側に対する強烈な敵愾心が浮かぶ場合や、選べず不安な状態にある場合、悪い意味と解釈できます。

敵愾心は視野を狭め、先鋭化していく事で、中庸を選ぶ人も敵と見なします。

どっち付かずの場合、二極を揺れ動くうち、互いの信頼を失っていくでしょう。

このような時は、陰陽のバランスを意識しましょう。

自分が何に偏って、何を失っているのか把握するのです。

この時、あなたが所属する場所が極端すぎるなら、距離を取る事も大切です。

それがどんな大事な相手だとしても、今はそこにいるべきではないのです。

感情を疎かにしてはいけません。

まとめ

「二極化」は、物事が2つに分かれ中間がなくなる状態を指し、陰陽の拮抗した状態を表します。

確信して中庸を選べる時や、極端に偏らない場合は良い意味として、エネルギーを受けられます。

悪い場合は、振り回されている状態で、大きなストレス状態に陥るでしょう。

こういう時は、辛いという感情を疎かにせず、所属するものから離れ、客観的な視点を持てば改善に繋げられるでしょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする