「二重の虹」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「二重の虹」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

過去に二重の虹を見たことがある人は、あまりいないかもしれません。

二重の虹はダブルレインボーとも呼ばれ、主虹と副虹の2本が並んでいるものです。

雨の後に日が差して起きる自然の光学現象ですが、二重の虹は世界じゅうでスピリチュアルなご利益がすごいと言われています。

「二重の虹」のスピリチュアルでの象徴や意味

条件が全て揃わないと見ることができないために、二重の虹は奇跡が起きたことの象徴です。

そして天使のサインであるとも言われています。

二重の虹を実際に見れば、幸運がやってくると言われているのは世界共通です。

その幸運とは努力が報われることだったり、恋愛やお金についてだったり、悩みやトラブルの解決だったりもします。

海の向こうのハワイでは、二重の虹はケアーヌエヌエと言う女神による祝福であると信じられて来ました。

「二重の虹」のスピリチュアルメッセージ

もし目の前に二重の虹が登場することがあれば、「とても幸せなことが起こるよ」とか「願いを叶えるよ」といったメッセージです。

さらに「苦しんでいた悩みが解消するよ」というものもあり、きっと人生の転機になるでしょう。

「二重の虹」のスピリチュアル的な解釈

実際に二重の虹を目撃したとき、前向きな行動をすることで恩恵を授かることになります。

ただ二重の虹は奇跡的な現象なので、発生する瞬間を見逃さないようにしなければいけません。

「二重の虹」いい意味での解釈

もし二重の虹を見かけたら、すぐに虹を見つめてお願いをすることで、夢が実現に向かうと言われています。

手を合わせたりして、真剣に祈ってみてください。

そして二重の虹を写真に撮影して持ち歩くことで、その絶大な恩恵を維持できるとのことです。

例えばスマホの待受画面にしてみたり、財布に入れておくといったことが良いでしょう。

二重の虹の出現がするのは、大雨や夕立が止んだ後、雲間から太陽が顔を出した時です。

すぐに外を見渡す行動を取ることができれば、二重の虹の幸福に近づくことができます。

「二重の虹」悪い意味での解釈

ぴったり気象条件が合わないと、二重の虹を実際に見ることは難しいものです。

二重の虹は一生見られない人も確実に存在するものであり、その場合は残念としか言いようがありません。

まとめ

とてもきれいな二重の虹は、幸運を授けて願いを叶え、悩みを消してくれるありがたい現象でした。

見られる確率はとても低いものですが、出くわしたらしっかりと祈って写真撮影も忘れずにしておきたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました