「井草八幡宮」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「井草八幡宮」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

杉並の青梅街道沿いにある井草八幡宮は、むかしから東京でも屈指の神社です。

善福寺公園のそばにある神社の創建は平安時代で、別名で遅野井八幡宮と呼ばれ、鎌倉時代には源頼朝が八幡宮とした歴史があります。

スピリチュアル的にも運気上昇の効果が高いとされているので必見です。

「井草八幡宮」のスピリチュアルでの象徴や意味

この井草八幡宮で祭神となっているのは古代に君臨した応神天皇であり、古来より別名を八幡神(八幡大神)といいます。

応神天皇は日本の氏族の繋がりを確固たるものとして国力を増大させたので、古くから神として崇められました。

そのため井草八幡宮は武士の神なので武芸上達の象徴であり、仕事の出世や成功はもちろん、学業や縁結びのご利益もある万能な神さまです。

「井草八幡宮」のスピリチュアルメッセージ

これから杉並の井草八幡宮にお参りすることができたなら、八幡神さまから「あなたを成功に導くよ」とか「あなたの願いを叶えるよ」とのメッセージを受けることになります。

どんな分野であっても、成功をおさめたい方におすすめです。

「井草八幡宮」のスピリチュアル的な解釈

境内で参拝するだけでもご利益は得られますが、神さまに近づくことでご利益は高められます。

ぜひ井草八幡宮の良いものに触れて、心身に取り込んでみてください。

「井草八幡宮」いい意味での解釈

どんな人でも井草八幡宮の本殿でご祈祷を受けることにより、成功の願いは叶いやすくなるでしょう。

八幡神の力を分けた御札やお守りを手にすれば、日頃から運気をアップさせることになります。

お正月になったら参拝時に破魔矢や熊手を入手して、邪気を払い福を呼び込むのがよいです。

井草八幡宮で三年に一度行われる神幸祭にお出かけしたら、1年を通じて八幡神の守護を受けることになります。

流鏑馬神事は国家の平安を祈願するものですが、観覧することで邪気を払い平安を得られることでしょう。

「井草八幡宮」悪い意味での解釈

こちらの井草八幡宮は夜間の参拝はできず、冬季には夕方に閉門を迎えてしまいます。

参拝できなければ残念なことになり運気を低下させるので、いつの時期でも早めにお出かけすることが大切です。

まとめ

八幡神を祀っている井草八幡宮にお参りすると、どんな分野でも成功に近づけるなんてとても魅力的です。

万能な神さまなので、ポジティブに願いを届けてみてください。

東京の杉並の観光をするなら見逃せないパワースポットです。

タイトルとURLをコピーしました