「人を不幸にする人」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「人を不幸にする人」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

あなたの周囲には、よく人を不幸にするタイプの人がいませんか。

それは同僚だったりクラスメイトだったりしますが、人をイジメたりストレスを感じさせたりと、何かと悪影響を及ぼす存在です。

そんな人を不幸にするタイプは、スピリチュアルな視点ではどういった意味を持っているかに迫ってみます。

「人を不幸にする人」のスピリチュアルでの象徴

身近な人を不幸にする人には、ネガティブな特徴が付いているものです。

わかりやすいのは「他人の不幸は蜜の味」的な愉快犯的タイプ。

支配欲が強くて自由を奪い、イジメや嫌がらせをし、波動を低下させ不幸のどん底に落とし込みます。

いわゆるエナジーバンパイアやサイコパスです。

表向きイジメがなくても愚痴や悪口ばかりが目立ち、他人のマイナス面ばかり着目し、心に余裕がない場合が多いです。

さらに恨みを強く持ち、盗撮など犯罪的趣向があったりする人も含みます。

意図的である他、無意識な場合や悪気がないこともあって厄介です。

不幸にする人は見た目では魅力的に見えたり、有名人など人生の成功者の場合もあります。

誰でも何かをきっかけに、他人を不幸にしてしまう可能性を秘めているでしょう。

「人を不幸にする人」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたの周囲に人を不幸にする人が現れたら、「悪い方にいくから気を付けて対処して」「不幸にする人に影響されないで」というメッセージです。

「波動を高めてポジティブに過ごして」とも告げられています。

「人を不幸にする人」のスピリチュアル的な解釈

実際にあなたを不幸にする人が現れたら、正しい行動をしてやり過ごすことが必要です。

もし何も対処しなかったり間違った対処をすると、大変なことになりかねませんよ。

「人を不幸にする人」いい意味での解釈

自分自身も人を不幸にするかもしれない可能性を考え、他人を不幸にしそうな人にはポジティブに接することが大切です。

また人を不幸にする人と一緒に行動する場合、ポジティブな波動を高めて過ごすことが大切になります。

運気上昇のアイテムを利用したり、人を幸せにするタイプを仲間にしてみれば、不幸成分を中和することになるでしょう。

そして実際に不幸にし始めたなら、距離感を保ったり拒絶したり、必要以上の接触をしないことも考えていかなければいけません。

「人を不幸にする人」悪い意味での解釈

イジメや嫌がらせなどで不幸になった自分に気づきながら放置すると、いつの間にかどん底まで落ちています。

這い上がれないほど暗転し、命の危険すら迫ることもあります。

また「あの人は人を不幸にする」と言って差別やイジメ的に接したら、「不幸にする人を不幸にしている人」になります。

ミイラ取りがミイラになるみたいな話で、自分自信が人を不幸にする人にならないように気をつけてください。

まとめ

何処にでもいる人を不幸にする人は、エナジーバンパイアだったり無意識的な存在であり、気を付けて波動を高めてポジティブに過ごすべきことが分かりました。

しかし人は誰しも、他人を不幸に陥らせる可能性があるもの。

難しいですが、よく考えて上手に対処してみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました