「人混みで頭痛がする場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「人混みで頭痛がする場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

満員電車に乗ると頭痛に襲われたり、休みの日にテーマパークへ行くとその人ごみに圧倒され具合が悪くなったりすることってありますよね。

もっと開放的な場所へ行きたいとか、この人ごみは空気が悪いなんてぶつぶつと文句を言いたくなることがありませんか?でもその頭痛、本当に人ごみにいるからですか?

そういった可能性もあるかもしれませんが、それだけではない気もします。

それは、あなたに対してのメッセージなのかもしれません。

「人混みで頭痛がする場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

人にあてられたということがあるかもしれませんが、普段は大丈夫なのに、なぜ今日に限ってということがありますよね。

それは今あなたの置かれている立場に関係しているのかもしれません。

仕事や学校の友達と意見がぶつかったりしていませんか?考え方、捉え方の違いで意見が合わないなど。

もしかしたら、知らずに周りに対して意固地になっているのかもしれません。

「人混みで頭痛がする場合」のスピリチュアルメッセージ

この頭痛はあなたの凝り固まってしまった考え方に対して、もう少し柔軟的に考えましょうというメッセージです。

いつもはこういうやり方だった。

マニュアル通りにやっているのだから間違いない。

と物事を四角四面に捉え、自分の意見を曲げないことにより、周りとの溝を深くしてしまっているのかもしれません。

その思い込みに少しだけ柔軟性を持たせて相手の意見にも耳を傾けてみませんか?そのことにより、今頓挫してしまっている事柄がスムーズに運ぶかもしれません。

「人混みで頭痛がする場合」のスピリチュアル的な解釈

人ごみで頭痛がする場合、大抵人に当たるとか空気に当たるというように言われるように、物事に当たってしまうことをスピリチュアルな解釈ではいうようです。

周りとの意見の違いや考え方の違いによって、あなたの考え方がいつも以上に頑なになってしまっているのかもしれません。

その部分に柔軟性を持たせ、最終的に自分が目指すものをしっかりと持っていれば、その方向へと近づいていくはずです。

「人混みで頭痛がする場合」いい意味での解釈

廻りと自分の距離が開いているというメッセージを送ってくれています。

その距離を埋めようと焦ると溝はどんどんと深くなってしまいます。

今は少し休んで、自分の本来の柔軟性を取り戻しましょう。

「人混みで頭痛がする場合」悪い意味での解釈

その場にいると頭痛はどんどんと酷くなっていきます。

とりあえず、一旦その場を離れ、休憩できる場所を探してください。

また、寝不足や、肩こりなどでも頭痛は起きる為、しっかり睡眠をとって軽いストレッチなどで体をほぐしましょう。

まとめ

日頃の人間関係などに疲れているのかもしれません。

ゆっくりできる場所で新しい空気を取り込むこともお勧めです。

タイトルとURLをコピーしました