「人生どん底」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「人生どん底」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

これまでに人生がどん底というレベルまで、落ちてしまった経験はあったでしょうか。

どん底と言えば借金や無職、事故に遭遇や家庭崩壊など色んなことが思いつき、命を失うことまで考えた人もいるかもしれません。

しかしそんなどん底状態、スピリチュアルな視点では意外とポジティブにも考えられたりもすることなのです。

「人生どん底」のスピリチュアルでの象徴や意味

この世に生まれてくる人には、運命的にそれぞれに頂点の時期と、どん底な時期が設定されていると言われています。

その頂点やどん底がどこに来るかは違っていて、ほぼどん底らしいものを経験しない人すらいるでしょう。

どん底とは人や健康やお金や恋愛など、様々な分野で起きる現象であり、奈落の底まで落ちるような場合は人生のリセットの象徴です。

実はどん底を経験することは原点回帰の意味があり、隠れていた能力の開花をする場合もあります。

そして死ぬことを考えたならば、生きていることのありがたみを知る機会にもなるのです。

「人生どん底」のスピリチュアルメッセージ

生きている間に人生のどん底を経験している場合、「これからあなたの人生を大きく改善するよ」という天からのメッセージになります。

そして「隠れた能力を引き出せるよ」ということになり、自身の可能性を知る機会にもなるでしょう。

「人生どん底」のスピリチュアル的な解釈

その時味わうことになったどん底の種類によって、受け取る幸福の形は違うものになります。

通常はどん底でもがけば、チャンスを掴み取れることがあるものです。

気をつけたいのは、どん底だからと投げやりになってしまうことになります。

「人生どん底」いい意味での解釈

もしも人生がどん底の時に誰かに助けられたなら、その人はあなたと波動や気もちが通い合っている人です。

人生で本当の理解者やパートナーになる可能性があります。

身近なところで人に嫌われたり裏切られどん底を味わったなら、新しい出会いや場所を求めるべきという知らせと解釈ができます。

もし手持ちのお金が底をついて貧乏のどん底に落ちたなら、今すぐに生活を変化させないと駄目だよということです。

ひとまず新たな仕事を見つけるか、生活保護などの申請をして、良い方に向かうべきでしょう。

「人生どん底」悪い意味での解釈

もうどん底だからと言って自暴自棄になり、お金を使って遊び呆けたり悪事に手を染めたりするのはNGです。

そうするとどん底で待っているはずの、チャンスや可能性を自分で潰すことになってしまいます。

まとめ

何らかの理由があって人生がどん底になっても、それは人生の改善や能力の開花のメッセージになっていました。

どん底が幸福のきっかけであるとは、とても意外なことです。

何かでどん底な気分になったら、ポジティブなことに繋がることは忘れないでください。

タイトルとURLをコピーしました