PR

「人身事故」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「人身事故」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

「人身事故」とは、交通に関わる事故のうち人が死傷するものを指します。

一般的な会話の中では、鉄道事故に用いる事が多い言葉でしょう。

自分が被害になるのは勿論、目撃しただけでも嫌な気分になりますが、スピリチュアル的にはどんな意味があるのでしょう。

ここでは、「人身事故」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「人身事故」のスピリチュアルでの象徴や意味

あなたの身に損害を与える「人身事故」の場合、運命に大きな影響を与えるもので、試練そのものと言えます。

溜まった厄が一気に表出しています。

一方、「人身事故」を目撃した場合は、警告の意味です。

「人身事故」のスピリチュアルメッセージ

「人身事故」に遭遇した際の、損害の大きさや後遺症、それに関する感情などにメッセージは顕れます。

「人身事故」のスピリチュアル的な解釈

「人身事故」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「人身事故」いい意味での解釈

あなたが被害者で、怪我の後遺症が残らないか軽微であり、深い反省と後悔があるなら良い意味です。

何かしら悪い流れだった運命から厄が祓われ、良い方向に切り替わったという顕れです。

大きな後遺症が残るのであれば、致命的な破滅から回避出来たという意味になります。

他に、乗っている列車などが「人身事故」で遅延した時、苛立ちが起こらず、事故に遭った相手に思いが向くなら良い意味です。

パワーに満ちており、余裕と慈愛が持てています。

「人身事故」悪い意味での解釈

あなたが加害者になった場合は悪い意味です。

普段の生活の中で溜まったネガティブな気が、運転操作を乱し、事故を引き寄せた状態です。

相手が勝手に飛び込んで来たように見えても、予兆に気付けないほど感性が鈍っていたという意味です。

運転技術よりも、解消されない疲労やストレス、パワーを吸い取る人など、環境面の改善によって再発を防げるでしょう。

小さな「人身事故」を目撃した時、心の底からの恐怖や身のすくむ感じがあれば、悪い意味です。

今の経路や人生の先に問題があるという警告で、放置すると大変ですが、ルート変更や、振る舞いの見直しで回避出来ます。

他に、列車が「人身事故」で遅延した時、強い苛立ちや怒りを感じる場合も悪い意味です。

日常生活で追い詰められパワーが弱り、僅かな遅れも受容できないギリギリの状態です。

今一度自分を見つめ直し、生活の中で、パワーを浪費させるものから離れましょう。

まとめ

「人身事故」は、試練、または警告を意味します。

良い意味としては、厄が落とされたり、パワーがあり慈愛が持てている状態です。

悪い意味としては、ネガティブな気が溜まっていたり、そのまま進んではいけないという警告です。

このような時は、自分や周囲を見つめ直し、パワーを浪費させるものを除く事で改善出来るでしょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする