PR

「仙酔島」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「仙酔島」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

昔から仙人すら酔ってしまうと讃えられた仙酔島は、広島の鞆の浦の一大パワースポットです。

瀬戸内海国立公園のなかにある周囲6kmの島で、島にはホテルや観光施設が揃っていて、平成いろは丸という渡船で渡ることができます。

スピリチュアルな威力が強い、仙酔島の魅力とご利益をご紹介です。

「仙酔島」のスピリチュアルでの象徴や意味

今から9000年前の火山活動によって誕生したのが仙酔島でした。

今でも大地と海のエネルギーが溜まる場所であるため、仙酔島は常に波動が高く、訪れる人々を瞬時に浄化し癒やしてしまうとのことです。

そして島の波動がとても高いだけに、古来より龍神や七福神を始めとした多くの神々が住まう島だと言われています。

そのために仙酔島に滞在しているだけで、諸々のご利益を受け取ることができるので、運勢を好転することにも役立つでしょう。

「仙酔島」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが仙酔島に行きたいとおもったら、「神さまの多大なご利益を受けられるよ」「運勢を飛躍的に上昇させるよ」というメッセージです。

不運に見舞われているような人も、仙酔島で好転することになります。

「仙酔島」のスピリチュアル的な解釈

仙酔島には数々の見どころがあって、その場所ごとに違ったご利益を受け取ることができます。

島に滞在するならあちこちを訪ね歩いて、エネルギーや運気を高めてみてください。

「仙酔島」いい意味での解釈

海沿いの遊歩道を歩くとたどり着く五色岩は、太古に現れた赤青黄白黒のカラフルな溶岩です。

「ハレの地」と呼ばれるエネルギーの根源であるため、触れることで己を高めることになります。

龍神橋は龍のエネルギーが出入りする龍穴が存在する名所で、龍神パワーを得て気力が充実するでしょう。

田ノ浦の砂浜は電磁波を放出できる場所であり、素足で歩くことで邪気を祓い健康になれるといいます。

国民宿舎仙酔島の潮(うしお風呂は別名を若返り風呂とも言うので、入浴することで美と健康を取り戻せそうです。

島の名物である江戸風呂は、蒸し風呂、塩水風呂、砂浴などの珍しい湯めぐりができます。

デトックスや浄化を求めている方にはとてもおすすめです。

「仙酔島」悪い意味での解釈

龍神橋には女性は左、男性は右を渡る作法があり、これを間違うと龍神から嫌われてご利益を得られないかもしれないとの迷信が存在しています。

またエネルギーが高い場所なので、好転反応の体調不良にはご注意ください。

まとめ

鞆の浦の仙酔島は、龍神さまや大地のエネルギーを受けてご利益が得られるところでした。

島にはホテルもキャンプ場もあり、開運の料理をいただくこともできます。

つかの間の休暇の場所に、選んでみては如何でしょうか。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする