「伊豆山神社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「伊豆山神社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

もし熱海の観光をするなら、伊豆山神社は必ず訪れたい名所です。

弥生時代に創建されたと伝わる神社はむかし走り湯権現とも呼ばれ、かつて修験道の山で役行者(えんのぎょうじゃ)や空海が修行し、源頼朝が熱心に崇拝した歴史もあります。

伊豆山神社のスピリチュアルな影響がどんなものか、確かめてみることにしましょう。

「伊豆山神社」のスピリチュアルでの象徴や意味

標高170m地点の朱塗りの本殿では、四柱の神を祀っています。

火牟須比命(ほむすびのみこと)は迦具土神で、火の神や火防の神として知られる存在です。

天之忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)は勝利をもたらし、その妻の拷幡千千姫尊(たくはたちぢひめのみこと)は安産子宝のご利益があります。

瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)は五穀豊穣と商売繁盛を司る神さまです。

そのため縁結びや夫婦和合のご利益が高いと言われ、強運をもたらす象徴的な神社と言われています。

またむかしは伊豆山権現を主祭神としたので、その正体である千手観音や阿弥陀如来や龍神のご利益も高いとされる聖地です。

「伊豆山神社」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが伊豆山神社の本殿に参拝することができれば、「強運をもたらすよ」とか「縁結びを叶えるよ」といったメッセージがあります。

人生を好転させたいなら、熱海ではここに参拝するのが一番です。

「伊豆山神社」のスピリチュアル的な解釈

境内に配置されたさまざまな名所を訪ねて回ることによって、さらに伊豆山神社のご利益は高められるでしょう。

しかし山の神社なので、参拝するなら気をつけたいこともあります。

「伊豆山神社」いい意味での解釈

手水舎には赤白(せきびゃく)二龍という龍神の像があり、走り湯と伊豆山神社のエネルギーの根源となっています。

龍神に拝むことで運気上昇や縁結びのご利益が高まるとのことです。

結明神、源頼朝の腰掛石など縁結びに通じる名所も見逃せません。

また雷電者は商売繁盛や仕事運上昇などのご利益があるので、お仕事の成功を祈るならここです。

雷電社の光石は御神徳が高いと言われているので触ってみてください。

伊豆山神社には強運お守りが多数なるので、身につけると常に運気を高めることになります。

また山上の本宮まで1時間かけて登ることで、さらなる強運のご利益を手にできるといいます。

時間があれば海辺の走湯神社や走り湯も訪れて、罪や穢れを祓うのが良いでしょう。

「伊豆山神社」悪い意味での解釈

海辺の走り湯の参道入口からは急な階段が延々と続いていて、本宮まではちょっとした登山のような道のりです。

無理をすれば怪我をして運気低下を招くので、足腰に自信がなければ本殿よこの駐車場を利用すると良いでしょう。

また祭神を知らなければご利益は足りませんので、訪れる前に予習をしていくことが大切です。

まとめ

熱海で人気の伊豆山神社とは、強運と縁結びをもたらしてくれるありがたい神社でした。

境内はパワースポットらしく、ご利益のある見どころが多数あります。

時間があれば海辺から本宮まで隅々まで歩いてみるのも良さそうですね。

タイトルとURLをコピーしました