「伊邪那伎」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「伊邪那伎」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

神社にお参りにいって、気になる神様に出会うことがあります。

伊邪那伎のご利益を見ていきましょう。

「伊邪那伎」のスピリチュアルでの象徴や意味

日本の国をつくった神様といわれるのが、伊邪那伎です。

「イザナギ」と読んで、多くの神話にも登場しています。

夫婦の神様なので、愛の神様として知られています。

丁寧にお参りをすると、縁結びや出会いに大きく働きかけてくれます。

出会いがまったくないと嘆いていた人にチャンスを与えてくれ、心ときめくご縁を授けてくれます。

恋愛運と結婚運を上げてくれ、幸せな未来に導いてくれるご利益があります。

夫婦運や子宝運もつかさどっているので、多くの可能性を与えてくれる神様です。

「伊邪那伎」のスピリチュアルメッセージ

日本という大地を作ってくれた、素晴らしい神様が伊邪那伎です。

深い愛情をもっている神様で、とくに恋愛運と夫婦運をあやつっています。

縁結びの神様として知られているので、ゆかりがある神社に行ったら深々と頭を下げておきましょう。

赤い糸で結ばれた人を連れてきてくれ、あなたを必要な道に導いてくれます。

またすでに結婚している人にも良いことが起こります。

夫婦の絆が高まっていき、家の中に明るい空気が流れていくでしょう。

「伊邪那伎」のスピリチュアル的な解釈

伊邪那伎のいい解釈と気になる注意点を見ていきましょう。

「伊邪那伎」いい意味での解釈

伊邪那伎はカップルの愛、夫婦の愛、親子の愛をコントロールしています。

また大地や自然を作り出した、万物創造の神様なので「繁栄、厄除け」の神様としても知られています。

新しく何かを築きたい時、また悪い状況をこの手で変えたい場合にもおすすめです。

良いエネルギーを集めてくれ、あなたに力強い気を授けてくれます。

「伊邪那伎」悪い意味での解釈

伊邪那伎は、縁結びの神様として知られています。

もし祭神としてお祀りしている神社に行くようであれば、その地のルールやマナーを重んじることも大切です。

神様に悪い心を見透かされないよう、清らかな心でお参りするようにしましょう。

また「有名な神社に参拝に行ったから、すべて終わり」という訳ではありません。

神様はあなたの行いを、空の上から見ています。

日頃から自分の心を清めておき、いいご利益を授けてもらえるよう努力しておきましょう。

まとめ

縁結びの神様として知られる伊邪那伎。

愛を届けてくれる神様として知られています。

良縁を授けてもらい、幸せな結婚に踏み出してください。

タイトルとURLをコピーしました