「体が重い場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「体が重い場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

季節によって、体が重くなったり、また仕事に、家事に根を詰め過ぎて、だるくなったり、感じることってありますよね。

でもそれほど自分では無理をしているつもりもないのに、突然体が重く感じることってありませんか?もし、身に覚えがない体の重さを感じたら、それはスピリチュアル的なメッセージかもしれません。

とにかく何も手につかない、動きたくない時、ぐうたらな性格のせいだと自分自身を責めないでください。

そこには何らかのメッセージが込められているのです。

「体が重い場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

これは魂の疲れによるものです。

体を酷使すると疲れますよね。

とにかく忙しくて走り回った後などは、肩で息をするほどの疲労を感じるはずです。

魂も肉体と同じで、自分がしたいこととやっていることが違っていたり、合わない相手に無理やり合わせていたりすれば、無理が祟って疲れてしまうのです。

また、この先に自分が望んだ未来が待っていれば、その時に合わせてエネルギーを蓄えるべく休むように警告を出している場合もあります。

「体が重い場合」のスピリチュアルメッセージ

とにかくどういった状況にあれ、休むことを促しています。

このまま無理を押し通せば、あなた自身が魂の疲れによって、潰れてしまうことをメッセージとして発信しています。

魂が疲れていれば、何に対しても能率が落ちますよね。

本来のあなたの力を魂は知っているからこそ、その力を100%発揮できるように休息を促していると思ってください。

「体が重い場合」のスピリチュアル的な解釈

本来のあなたの力は今現在ゼロに近い状態です。

とにかく休むことによって、そのエネルギーを補充してくださいという警告です。

もし無理を押し通せば、逆にいらぬところで失敗して、全てが水の泡になりかねません。

いい結果を生み出すために、少し休みましょう。

無理をすれば、恐らく疲れからネガティブ思考になってしまい、いい方向に進むはずのものが、悪い方へしか進まなくなってしまいます。

「体が重い場合」いい意味での解釈

休めサインです。

自分が疲れていることを自覚してください。

そして、何も考えず、大らかな気持ちで休日を満喫しましょう。

今まで行き詰っていたものの突破口が見つかるかもしれません。

「体が重い場合」悪い意味での解釈

何か病気を発症している可能性もあります。

あまり疲労が続くようであれば、医療機関を受診してください。

まとめ

魂の疲れは、肉体の疲労と一緒です。

休むことでリセットすれば、新たな道が切り開かれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました