「体が重い時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「体が重い時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

動きたくないなど、体のだるさを感じる日もあります。

体が重い時のスピリチュアルサインを見ていきましょう。

「体が重い時」のスピリチュアルでの象徴や意味

鉛のように体が重みを感じる日もあります。

いつもの軽さがないと「何があったのだろう」と心配になります。

もちろん症状が芳しくない場合は、クリニックで診断を受けることも大切です。

一方でスピリチュアルの世界で体が重い時は「横になりましょう」というメッセージです。

心と体がくだびれているので、これ以上のハードワークは厳禁。

あなたがリラックスできる香りを焚いて、ゆっくりとした時間を過ごしてみてください。

横になってひと眠りをしたり、温かいココアを飲んで頭を空っぽにしたり、リラクゼーションを意識して行動していきましょう。

癒しの時間が、心のリセットを図ってくれます。

「体が重い時」のスピリチュアルメッセージ

体が重たいのは、空からのサインをあらわしています。

あなたのことを心配している人が、あなたの現状を憂いています。

無茶をして自分を追い込むのはやめて、ゆっくりとした時間を持ってみましょう。

無理に予定をつくって出かけようとすると、さらに体が重だるく感じてしまう恐れもあります。

温かいお湯をはった洗面器に手や足をひたして、体のめぐりを良くしてください。

疲れた心と体がポカポカに温まっていき、気になる疲れが和らいでいきます。

「体が重い時」のスピリチュアル的な解釈

体に重みを感じる日のいい解釈と、注意点を見ていきましょう。

「体が重い時」いい意味での解釈

体がずしりと重たい場合は、ターニングポイントに差し掛かっているというメッセージもあります。

企業から内定をもらう、いい街に引っ越しをする、結婚して赤ちゃんを産むなど、あなたにとって良い未来が訪れます。

大きくて嬉しい変化がある前に、体はエネルギーをため込もうとします。

いい作用なので前向きに、受けとめてあげてください。

「体が重い時」悪い意味での解釈

ゆっくり休んだのに、気だるさが取れない日もあります。

このようなケースは「自分の意見を抑え込んでいる」場合も。

窮屈な生活に多くのストレスを感じていると、心が限界を感じてこうした作用を生み出すこともあります。

人に合わせるより、自分に合わせて、心の平穏を図っていきましょう。

まとめ

体が重い時のジンクスを見ていきました。

体が鉛のように重たいのは「休んでもいい」というメッセージです。

強がる気持ちは捨てて、素直に甘えてみましょう。

自分に正直になれば、もっと運気も上向いていきます。

タイトルとURLをコピーしました